MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

DJIが「Vlog」に関する意識調査の結果を公開

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

民生用・産業用ドローンやアクションカム、ジンバルなど撮影機材を開発販売しているDJIが、SNSに1日1回以上アクセスする10代〜40代の男女400名を対象に行った「Vlogに関する意識調査」の結果を公開しました。※Vlog(ブイログ)とは、ビデオブログの略で、日常生活を動画にしたもの。

動画配信の通信速度が現在の100倍になるといわれている5G。5Gが主流になれば、これまで以上に動画を視聴したり配信する人が増えることが予想されます。今回の調査はそんな5G時代に突入する前、今の時点でVlogがどのくらい認知され、動画投稿にはどのような不満があるかを調べたものになっています。

  • 今回の調査では、全体の62%の人が動画コンテンツを「ほぼ毎日見る」と回答。特に10代では90%という結果が明らかになった

  • 「Vlog」に関する認知度は全体では31%。年代別で見てみると、10代での認知度は約半数の49%、20代で32%、30代では31%、40代では10%と年代によって顕著な差が生まれた

  • 自身で撮った動画をSNSに「投稿したことがある」人の割合も、年代が下がるにつれ高い回答となった。さらに、全体でも半数以上の53%が投稿経験者という結果に。しかし「Vlogに対してどのような行動をしたか」という問いには、「投稿したことがある」と回答した人は全体のわずか9%

  • 実際に「Vlogを投稿したことがある」人に、投稿頻度を伺ったところ、月に2回以上投稿している方が68%。性別で見ると、週に2・3回以上と答えた方の数は、女性の33%に対し、男性は約2倍となる64%

  • 動画投稿時に関する不満としては、「不満がない」を除くと、「編集が難しいこと」、「映したくないものが映ってしまうこと」がランクイン

  • Vlogを視聴したことがある、と回答した方に、よく見る動画を伺ったところ、1位「部屋での様子」、2位「旅行の様子」、3位「料理を作っている様子」というランキングになった

  • 今撮りたい動画のランキングは1位「子どもやペットの動画」、2位「自撮りしながら街歩きしている動画」、3位「空撮動画」という順になった

先日もソニーからVlogger向けカメラとして「VLOGCAM ZV-1」が登場するなど、今Vlogがかなり注目されていますね。主に若い世代を中心に浸透し始めているそうで、5G時代への突入でVlog投稿者が増え、スマホからデジカメへステップアップしてくれると今以上に映像業界が盛り上がりそうです。

DJIは、Vlog特設サイト「今日が、物語になる。」を開設。「Vlog」をテーマとし、魅力的な動画を撮影・編集するためのコツを製品ラインナップごとに紹介しています。

おすすめ製品

おすすめ記事

Top Image Source:DJI

Source:PR TIMES

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。