MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーα7S II後継機(α7S III)はキヤノンEOS R5の直接的な競合機にはならない?

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

Sony Alpha Rumorsが、ソニーが6月/7月に発表する可能性のあるカメラ&レンズに関する噂や、α7S II後継機がどのようなカメラになるのかなどの見解を掲載しています。

  • 昨日、ソニーがZV-1を発表した。SARで掲載したZV-1の噂は当たっており、ZV-1の情報を教えてくれた情報源たちは、ソニーが6月または7月に大きな発表を計画しているとも教えてくれた(6月または7月ではなく、6月と7月に1回ずつ行われるのかもしれない)

  • 情報源たちがもう一度正しければ、おそらくα7S II後継機ともう1機種新しいカメラとFE 12-24mm F2.8 GMが発表される。Eマウントレンズがもう少し発表されるかもしれないが、まだ情報は得られていない

α7S II後継機に関する話

  • キヤノンEOS R5とα7S II後継機は、直接的な競合機ではないかもしれない。EOS R5は、どちらかといえば高度な動画機能を搭載したα7R IVに似ている。EOS R5が直接的な競合機ではないと考える理由は、以下のようなことがあげられる

    ① “噂”ではあるが、α7S II後継機にはパナソニックS1Hのような排熱するための通気口が搭載されていると噂されており、EOS R5にはそのような通気口がない。そのため、キヤノンが奇跡的に魔法のように熱を完全に逃す方法を見つけていない限り、EOS R5は長時間の稼働には耐えられない
    ② α7S IIは8K動画撮影ができないかもしれない。プロフェッショナルな動画機としては、8K動画撮影は人目を引くものではなく、結局のところ無駄なスペックとなる可能性がある。プロフェッショナル向けの4K機能とパフォーマンスこそが、成功する鍵となるかもしれない

  • ソニーには大きなアドバンテージがある。ソニーはEOS R5のスペックと価格(4,000ドル以下と噂された)を知っているため、推測する必要がない。ソニーマーケティングが賢ければ、彼らはα7S II後継機を動画市場で競争力のある価格に設定するだろう

  • まとめ:100%EOS R5クローンカメラを期待しない方がいい。α7S II後継機は、プロ向けに作られた明らかにプロフェッショナルな動画志向のカメラになるだろう。私はα7R Vや噂のα9RがEOS R5をしのぐと思う。しかし、そのようなカメラが2020年に発表されるとは思えない

α7S II後継機のスペック

  • 確実:少なくとも4K60p 10bit 4:2:2で記録可能
  • 確実:いくつかの機能は期待を超えている
  • 確実:もちろんバッテリーやAF精度などは向上している
  • 噂:プロトタイプは4K120pで記録可能(8K動画はなかった)
  • 噂:プロトタイプはかなり厚みがあり、通気口があった
  • 噂:α9 II同様の改善がある(AF、製品品質、防塵防滴)
  • 噂:ZV-1同様のバリアングルモニター

昨日発表されたZV-1の正しい情報を提供してくれた情報源たちが、6月/7月にα7S II後継機などが登場すると教えてくれているそうなので、ついにα7S II後継機が登場するのかもしれないですね。

6月中に発表されるのであれば、近日中に何かしらスペックが明らかになることに期待です。

おすすめ製品

おすすめ記事

Source:Sony Alpha Rumors

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。