MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックが「S1H」の新ファームウェアを5月25日に公開 Ninja VにてRAW記録が可能に

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

パナソニックが、フルサイズミラーレスカメラ「S1H」の最新のファームウェアVer.2.0のダウンロードサービスを2020年5月25日(月)から開始すると発表しました。

ATOMOS社製Ninja VにてApple ProRes RAW記録が可能になる他、動画機能強化や性能改善などが含まれています。

ATOMOS社製 Ninja V HDR モニター/レコーダーへ動画RAWデータを出力可能

  • LUMIX S1Hは、ATOMOS社製Ninja V HDR モニター/レコーダーへ5.9K 29.97pや4K 59.94pなどの動画RAWデータの出力が可能になります。動画RAWデータ出力により、ポストプロダクション時の編集やグレーディングに有効なApple ProRes RAWをNinja Vで記録できるので、プロの映像制作ワークフローへ柔軟に応えます。動画RAWデータ出力中は、LUMIX S1Hのモニターやファインダーで映像を確認することができます。V-Log撮影時に相当する映像を確認できるほか、「V-Logビューアシスト」機能を使えば、プリセットのVlog_709のルックアップテーブルを適用した「LUTビューアシスト(モニター)」機能での映像確認ができます

動画機能強化・性能改善

  • [6K]、[5.9K]、[5.4K]の動画記録中のHDMIダウンコンバート出力に対応

  • クリエイティブ動画モード時、シャッターボタン全押しによる動画記録開始/停止を無効化できる機能を追加

  • クリエイティブ動画モード時、コントロールパネルから「動画画質(マイリスト)」を選択できる機能を追加

  • フォトスタイル[V-Log]の調整項目[ノイズリダクション]の設定値に[-1]を追加。これにより、特定の撮影環境で残像が発生する現象を改善

  • 撮影時のHDMI出力映像に、MFアシスト拡大表示を出力しない設定機能を追加

  • 4:2:0/10bitでの動画記録時、特定の撮影環境でバンディングが見えやすくなる現象を改善

その他の機能改善

  • AFの性能向上

  • パナソニック製レンズ/シグマ社製レンズ/シグマ社製マウントアダプターとの互換性向上

  • SDメモリーカードとの組み合わせによって、動画分割記録機能や400Mbpsの動画記録モードを使用した際に稀にフリーズする現象を改善

  • 英語・簡体字中国語・繁体字中国語・韓国語の言語設定に対応

ファームウェアVer.2.0は、こちらのリンクから5月25日よりダウンロード可能となっています。

おすすめ製品

おすすめ記事

Source:パナソニック

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。