MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンは今後2年間で5本のEF-Mレンズを発表する?単焦点3本、ズーム2本?

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Watchが、キヤノンの新しいEF-Mレンズに関する噂を掲載しています。今後2年間で単焦点レンズが3本、ズームレンズが2本登場する可能性があるとのこと。

  • EOS Mシステムの今後に関する噂を入手した。新しい情報筋によると、キヤノンは5本の新しいEF-Mレンズを投入し、EF-Mレンズのラインナップを拡充する計画だという。EOS M50(日本ではEOS Kiss M)の商業的成功が、新しいEF-Mレンズを開発する動機となったようだ。キヤノンが今後2年間で発売する可能性のある5本のレンズは以下の通り

    – EF-M15mm F2 STM
    – EF-M52mm F2 STM
    – EF-M62mm F4 Macro IS STM
    – EF-M18-45mm F2.8-4 IS STM
    – EF-M100-300mm F5.6-8 IS STM

  • 情報筋によれば、EF-M52mm F2 STMとEF-M100-300mm F5.6-8 IS STMは、当初は2020年後半に発売される予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、2021年に他のレンズと共に発売される可能性が高いという

新しい情報筋からの情報ということで、信憑性はあまり高くないようですが、本当だとすればEF-Mレンズもしっかりと拡充していくようですね。2021年以降にはRFマウントのAPS-C機が登場すると噂されているだけに、今後キヤノンがミラーレスのAPS-Cラインをどう扱っていくのか注目です。

おすすめ製品

おすすめ記事

Source:Canon Watch

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。