MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルム「X-T4」のフルスペックと製品画像がリーク

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

軒下デジカメ情報局が、富士フイルムが2月26日に発表予定の「X-T4」のスペックシートと製品画像をTwitterに投稿しています。

X-T4の主なスペック

  • 有効画素数:2,610万画素
  • センサー:APS-C X-Trans CMOS 4
  • センサークリーニング:圧電素子による超音波方式
  • 記録メディア:SD / SDHD / SDXC UHS-I / UHS-II
  • 記録方式:JPEG / 14bit RAW
  • 感度:ISO160〜12800(拡張ISO80〜51200)
  • 測光方式:TTL256分割測光 マルチ / スポット / アベレージ / 中央重点
  • 露出補正:-5.0EV〜+5.0EV 1/3EVステップ(動画撮影時は-2.0EV~+2.0EV)
  • 手ブレ補正機構:センサーシフト方式5軸補正
  • 補正段数:6.5段(CIPA規格準拠、ピッチ/ヨー方向、XF35mmF1.4R装着時)
  • 電子手ブレ補正:搭載(動画のみ)
  • ISモードブースト:搭載(動画のみ)
  • 顔 / 瞳認識AF:搭載
  • シャタースピード(メカ):Pモード:4秒〜1/8000秒 Aモード:30秒〜1/8000秒 S/Mモード:15分〜1/8000秒 バルブ:最長60分
  • シャッタースピード(電子):Pモード: 4秒〜1/32000秒 Aモード: 30秒〜1/32000秒 S/Mモード: 15分〜1/32000秒 バルブ: 1秒固定
  • フラッシュ同調速度:1/250秒以下
  • 連写: 約30コマ/秒(電子シャッター設定時、1.25 X クロップ)[連続記録枚数] JPEG: 60枚 可逆圧縮RAW: 35枚 非圧縮RAW: 33枚
  • 連写:約20コマ/秒(電子シャッター設定時)[連続記録枚数] JPEG: 79枚 可逆圧縮RAW: 36枚 非圧縮RAW: 34枚
  • 連写:約15コマ/秒[連続記録枚数] JPEG: 110枚 可逆圧縮RAW: 38枚 非圧縮RAW: 35枚
  • ファインダー:0.5型有機ELファインダー 約369万ドット(視野率約100%) アイポイント:23mm 倍率:0.75倍 アイセンサー付き
  • 液晶モニター:3.0型 3:2アスペクト タッチパネル液晶モニター 162万ドット
  • 動画[DCI4K]:59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 400Mbps/200Mbps/100Mbps 59.94p/50p: 連続最大約20分まで、29.97p/25p/24p/23.98p: 連続最大約30分まで
  • 動画[4K]:59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 400Mbps/200Mbps/100Mbps 59.94p/50p: 連続最大約20分まで、29.97p/25p/24p/23.98p: 連続最大約30分まで
  • 動画[フルHD]:59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 200Mbps/100Mbps/50Mbps 連続最大約30分まで
  • ハイスピード動画[フルHD]:240p/200p 200Mbps(記録時) 連続最大約3分まで 120p/100p 200Mbps(記録時) 連続最大約6分まで
  • フィルムシミュレーション:18モード
  • Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n(無線LAN 標準プロトコル)
  • Bluetooth:Bluetooth Ver 4.2(Bluetooth low energy)
  • デジタル入出力:USB Type-C (USB3.2 Gen1x1)
  • DHMI出力:HDMIマイクロ端子(Type D)
  • その他端子:ø3.5mmステレオミニジャック(マイク用)、φ2.5mmリモートレリーズ端子、 ホットシュー、シンクロターミナル
  • バッテリー:NP-W235(リチウムイオンタイプ)
  • バッテリーライフ標準撮影枚数:600枚(エコモード) / 500枚(ノーマルモード)XF35mmF1.4 R使用時
  • バッテリーライフ実撮影電池寿命:顔検出OFF時[4K]85分(29.97p)[フルHD]95分 (59.94p)
  • バッテリーライフ連続撮影電池寿命:顔検出OFF時[4K]110分(29.97p)[フルHD]130分 (59.94p)
  • 大きさ:134.6 × 92.8 × 63.8
  • 重さ:607g(バッテリー、 SDメモリーカード含む)、526g(バッテリー、 SDメモリーカード含まず)

スペックを見る限り、ここ数日Fuji Rumorsが掲載していた情報は正しかったことが分かりますね。噂通り、センサーは据え置きで、ボディ内手ブレ補正新型バッテリー新しいフィルムシミュレーション(クラシックネガとエテルナブリーチバイパス)が搭載されています。

大きさと重さはボディ内手ブレ補正が搭載されたためか、X-T3に比べると若干大きく重くなっています。

おすすめ製品

おすすめ記事

Source:軒下デジカメ情報局

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。