MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンが「EOS R5」を開発発表 8K動画やボディ内手ブレ補正を搭載 2020年は9機種のレンズを発売予定

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

キヤノンが、EOS Rシステムの次世代フルサイズミラーレスカメラの第一弾として「EOS R5」の開発を発表しました。また、2020年には「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」を含む9機種のRFレンズを発売する予定であることも発表しました。

EOS R5

  • 「EOS R システム」の次世代フルサイズミラーレスカメラの第一弾となる「EOS R5」は、新開発のCMOSセンサーにより、電子シャッターで最高約 20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の実現を目指しており、スポーツなど高速で動く被写体にも対応する

  • 8K動画の撮影が可能となることで、高精細な静止画の切り出しやより高画質な4K動画に加工可能

  • キヤノン初となるボディ内手ブレ補正機構とRFレンズのレンズ内手ブレ補正機構の双方を協調制御する方式を採用

  • 新たにデュアルスロットに対応するほか、カメラからクラウドプラットフォーム「image.canon」への画像自動転送機能を搭載する予定

レンズ

  • RFレンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」および、同機種に装着可能な「エクステンダー RF1.4×」、「エクステンダー RF2×」を開発中

  • これら3機種を含む計9機種のRFレンズを開発しており、2020年中の発売を目指している

ついにEOS R5が発表されましたね!現時点で発表されているスペックはCanon Rumorsが噂していた通りなので、噂通り4,500万画素センサー、8K30p、4K120p、新型バッテリーが採用されそうです。

EOS Rであまり評判の良くなかったマルチファンクションバーも噂通り搭載されていないことが確認できます。バリアングルモニターは健在な模様。

RFレンズは、年内に新しく9機種投入予定だそうなので、選択肢の幅は一気に広がりそうです。

ちなみに、EOS R5の発売時期は7月と噂されています。

関連製品

おすすめ記事

Source:キヤノン

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。