MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルム「X-T4」にはボディ内手ブレ補正とバリアングルモニターが採用される模様

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

Fuji Rumorsが、富士フイルム「X-T4」のスペックに関する噂を掲載しています。

  • 昨年11月にX-Tフェイスブックグループで、J氏が「X-T4には、パナソニックS1Hのようなバリアングルも可能なチルト式モニターが採用されるが、サイズはずっと小さく、色味はフジのものだ」と教えてくれた

  • この噂の確認をとったところ、X-T4にはそのようなバリアングルモニターが確実に搭載される裏付けが取れた

  • 11月にJ氏は次のことも教えてくれている
    – ボディ内手ブレ補正が搭載される
    – サイズはX-T3より1/3インチ厚く、約5〜6oz(約141〜170g)重くなると予想される
    – 動画は6K60p 10bit内部記録に対応すると予想される
    – アナモルフィック動画
    – リリースは2020年末
    – X-Hラインは中止された可能性が高い

  • X-T4が2020年末にリリースされると言うのは正しくない。X-T4の正式発表は2月26日に予定されている。また、X-Hラインが中止されたと言うのも正しくない。情報提供者から、X-H2はまだロードマップにあるが、2020年には登場しないと聞いている

  • J氏の話にはいくつか正しくない物もあるが、ボディ内手ブレ補正とバリアングルモニターに関しては正しい。富士フイルムは計画を変更する傾向があるため、長期的な噂を正しく伝えることは簡単ではない。つまり、J氏が教えてくれた事は、11月の時点では正しかったが、今は、いくつか変わっているのかもしれない

X-T4には、パナソニックS1Hのようなバリアングルモニターが採用されると言う事なので、X-T100と同じような水平反転、上下チルトをする3方向チルト式のモニターが採用されるのかもしれませんね。

個人的にはX-T3を動画で使用している時、バリアングルだったらなぁと思うことがよくあるのでS1Hのようなバリアングルモニターが採用されるのは嬉しいですが、Fuji Rumorsが行っているアンケートだと、投票した約4200人中、34%がバリアングルでない方が良いと答えています。ちなみに賛成は57%。

Fuji Rumorsによれば、ボディ内手ブレ補正機構搭載も正しいようで、ますますX-H1の後継機がどうなるのか気になるところ。

質量アップに伴いグリップの形状は変わるのか、6K60pが本当なのか、外部収録によるRAW動画収録も可能になるのか、まだまだ気になる点が多いので続報に注目ですね。

ちなみに下の画像はS1Hです。

関連商品

おすすめ記事

Source:Fuji Rumors

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。