MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンEOS R高画素機は2月に発表? デュアルカードスロット、7,500万画素センサー搭載?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Rumorsが、今後登場することが予想されているキヤノンEOS Rシリーズの高画素機のスペックに関する噂を掲載しています。情報の信憑性はCR1〜CR3の3段階中(CR1)となっています。

  • EOS Rシリーズの高画素機のまとまった新たなスペックリストを受け取った。今のところ、我々はこのカメラを「EOS Rs」と呼んでいるが、キヤノンは違う名前を付けるかもしれない

  • 今回の情報提供者は最近プロトタイプで撮影したと主張しており、このカメラは2020年2月に発表される予定だとも主張している

EOS Rsのスペック(噂)

  • 7,500万画素 フルサイズCMOSセンサー
  • センサーはダイナミックレンジに焦点を当てている
  • 高速連写はEOS Rと同程度だと思う
  • DIGIC 9
  • デュアルカードスロット
  • EOS-1D X Mark IIIと同じジョイスティック
  • EOS Rより大きく高解像度なEVF
  • バリアングル液晶モニター
  • 防塵防滴
  • エルゴノミクスはEOS Rに似ているがタッチバーは非搭載

これまでの噂から大きく変わった点はありませんが、センサーはダイナミックレンジに焦点を当てて開発されているとのこと。高速連写はEOS Rと同じだとすると8コマ/秒になりそうです。

以前からEOS Rの高画素機は7,000万画素以上と噂されていますが、依然として信憑性は高くないので、(CR2)または(CR3)を付けて7,000万画素以上という噂が登場することに期待したいですね。ちなみに、ソニーα7R IVは6,100万画素となっています。

それと、つい先日、EOS-1DスタイルのEOS Rシリーズカメラの噂が登場しましたが、PetaPixelによれば、そのようなカメラは2021年までは登場しないと予想されているとのことです。

関連製品

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Rumors

Dylan