MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ライカが「ライカSL2」を正式発表 4730万画素・ボディ内手ブレ補正搭載

  • カテゴリー:
  • NEWS

ライカが、Lマウントのフルサイズミラーレスカメラ「ライカSL2」を正式に発表しました。希望小売価格は89万1,000円(税込)。発売予定日は11月末となっています。

「ライカSL2」の主な特徴

  • 撮像素子には4730万画素のフルサイズCMOSセンサーを採用。広いダイナミックレンジ、RGB各色14bitの色深度、最高ISO感度50000の高感度性能を実現。「ライカTL2」や「ライカCL」用に設計されているTLレンズを使用しても、2000万画素以上の高画質で撮影可能

  • 新たに5軸ボディ内手ブレ補正機構を搭載。補正効果は5.5段分。ボディ内手ブレ補正機構により、SLシステムの単焦点レンズやMシステムレンズなど手ブレ補正機構を搭載していないレンズでも手ブレを抑えて撮影することが可能。センサーを0.5ピクセル単位で動かし8枚の画像をもとに1億8700万画素相当の高解像写真を生成する「マルチショット」機能も搭載

  • 画像処理エンジンには、新たに「LEICA MAESTRO III」を採用。これにより、処理性能が大幅に向上し、さまざまな撮影機能がより高速化

  • オートフォーカスの新機能として、被写体の動きに応じてカメラが自動的にAFsとAFcを切り換える「インテリジェントAF機能」を搭載。連写速度はメカシャッターで10コマ/秒、電子シャッターで20コマ/秒

  • シネマ4Kモードでは最大60fpsフルHDモードでは最大180fpsの動画撮影が可能。Cineモードに設定すると、ISO感度はASA感度に、シャッタースピードはロータリーシャッターの開角度に、F値はT値に変わりシネマカメラとして使用可能。また、マイク端子とヘッドフォン端子を新たに搭載

  • ファインダーは576万ドット。背面液晶には210万ドット3.2型タッチパネル液晶モニターを採用。本体はアルミニウムおよびマグネシウムを使用したフルメタル製。外装には合成皮革を採用。IP54レベルの防塵・防滴性能。ボディサイズは146×107×42mm。重さは835g(バッテリー含まず)

  • 商品ページはこちら

  • サンプルギャラリーはこちら

おすすめ記事

Source:ライカ

Dylan