MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックが「LUMIX S PRO 16-35mm F4」「LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.」を正式発表

  • カテゴリー:
  • NEWS

パナソニックが、Sシリーズ用交換レンズ「LUMIX S PRO 16-35mm F4」「LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.」を正式に発表しました。

LUMIX S PRO 16-35mm F4の希望小売価格は19万円(税抜)、発売予定日は12月25日。LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.の希望小売価格は31万8,000円(税抜)、発売予定日は2020年1月17日となっています。

「LUMIX S PRO 16-35mm F4」の主な特徴

  • 小型軽量のレンズ設計ながら、ズーム全域で中心から周辺まで高解像で立体感のある卓越した描写性能を実現

  • 9群12枚構成の光学設計では、非球面レンズ3枚を採用して球面収差を抑制するとともに、EDレンズ1枚を最適に配置することで色収差を補正、さらに高屈折率のUHRレンズの採用により、画面周辺まで優れた描写性能を発揮

  • 480fps AF制御による高速・高精度AFが可能。さらに、AF/MFの切り替えがフォーカスリングをスライドさせるだけで素早く行えるフォーカスクラッチ機構を搭載

  • フォーカシング時のピント位置の移動に伴い画角が変化してしまうブリージングを抑制。さらに、絞りマイクロステップ制御により、ズームやパンニング時、輝度変化が大きいシーンでも安定した露出変化制御をサポート

  • 仕様:レンズ構成は9群12枚。絞り羽根は9枚(円形虹彩絞り)。最短撮影距離は0.25m。フィルター径はφ77mm。最大径x長さはφ85mmx99.6mm。重さは500g(レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを含まず)。防塵・防滴

「LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.」の主な特徴

  • 17群22枚構成の光学設計では、非球面レンズ1枚を採用して球面収差を抑制するとともに、UEDレンズ2枚、EDレンズ3枚を最適に配置することで色収差を補正することにより、画面周辺まで優れた描写性能を発揮

  • 「ダブルフォーカス方式」を採用しており、至近から無限遠まで、被写体の距離にかかわらず高解像度かつ高コントラストの優れた描写性能を実現

  • 写真表現の味となる、とろけるような美しいボケ味、ピント面からアウトフォーカスするにつれて滑らかにボケていく立体感のある質感描写を追求

  • 480fps AF制御による高速・高精度AFが可能。「ダブルフォーカス方式」によりそれぞれの群を軽量化できたことで、AFのさらなる高速化・高精度化も達成

  • Sシリーズカメラのボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正を連動制御する「Dual I.S. 2」対応で、シャッター速度換算で約7段という高い補正効果が得られる

  • 専用のテレコンバーターを装着すれば、最大400mmでの超望遠撮影も可能

  • AF/MFの切り替えがフォーカスリングをスライドさせるだけで素早く行えるフォーカスクラッチ機構を搭載。またフォーカスボタンをレンズ鏡筒部の3か所に配置

  • 仕様:レンズ構成は17群22枚。絞り羽根は11枚(円形虹彩絞り)。最短撮影距離は0.95m。フィルター径はφ82mm。最大径x長さはφ94.4mmx208.6mm。重さは1,570g(レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ、三脚座を含まず)。防塵・防滴

おすすめ記事

Source:パナソニック

Dylan