MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムが「X-Pro3」を正式発表 ボディ外装には軽量・高強度なチタンを採用

  • カテゴリー:
  • NEWS

富士フイルムが、Xシリーズのフラッグシップモデル「X-Pro3」を正式に発表しました。希望小売価格はオープン、発売予定日はブラックが11月28日、DRブラック/DRシルバーが12月中旬となっています。

店頭予想価格はブラックが21万4,500円前後、DRブラック/DRシルバーが23万9,500円前後。

主な特徴

  • 富士フイルムのデジタルカメラとして初めて、軽量・高強度で耐食性にも優れたチタンをボディ外装に採用。さらに、高い堅牢性・剛性を実現するマグネシウム合金をボディ内部のフレームに使用することで、優れた機動性・耐久性を発揮

  • 上質な塗装で重厚感のある「ブラック」、擦り傷への高い耐性と高品位な外観を実現する「デュラテクト」加工を施した「DRブラック」「DRシルバー」の3色をラインアップ

  • ボディ70ヶ所にシーリングを施した防塵・防滴構造を実現。-10℃の耐低温性能

  • 光学ファインダーと電子ビューファインダーを切り替えられる、世界唯一の「アドバンスドハイブリッドビューファインダー」を搭載

  • EVFには高解像約369万ドットの有機ELパネルを新たに採用。最高輝度1500cd/m2に加え、高いコントラストも実現しているため、暗い部分や明るい部分もEVF上で精緻に映し出すことが可能。EVFの表示設定として「残像感低減」モードを新たに搭載。OVF上に小型EVFを同時表示できる「エレクトロニックレンジファインダー」機能も搭載

  • 「Xシリーズ」第4世代の裏面照射型2610万画素「X-Trans CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。さらにアルゴリズムを進化させることで、暗闇に近い低照度-6EVの環境下でも高速・高精度な位相差AFを実現

  • 「フィルムシミュレーション」に、スナップ撮影などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計を行った「クラシックネガ」モードを新たに追加

  • フィルムで撮った写真が持つ独特の粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能をさらに進化。「強度」「粒度」の設定を変更することで、グレインの濃さ・粗さを調整可能

  • 従来の「カラークローム・エフェクト」に加え、新たに「カラークロームブルー」を搭載。青空などブルー系の被写体に対して深みのある色再現・階調再現が可能

  • 約162万ドット・チルト式タッチパネル液晶モニターを搭載し、ボディ背面の内側に格納。本液晶モニターを約180°回転させることが可能であるため、ハイアングルからローアングルまで様々なスタイルで撮影可能

  • ボディ背面に新たに採用した1.28インチ・カラーメモリ液晶モニターでは、電源のON/OFFに関わらず、撮影情報を確認することが可能。フィルムシミュレーションの設定を写真フィルムのパッケージアイコンで確認する「クラシック」モード、シャッタースピードやF値などの撮影設定を確認する「標準」モードを選択可能

  • USB端子には、「Type-C」規格を採用。有線による本体充電が可能

  • X-Pro3の製品ページはこちら

おすすめ記事

Source:富士フイルム

Dylan