MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンEOS R高画素機の画素数はソニーα7R IVよりはるかに高い? 発表は2019年中?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Watchが、高画素のキヤノンEOS Rシリーズカメラに関する噂を掲載しています。

  • 今後登場するEOS Rの高画素機に関する噂を入手した。すでにEOS Rの高画素機に関する噂はたくさん出ており、今回の噂はこれまで噂されてきたものに特別追加するようなものではないが、情報提供者は、今後登場するEOS Rシリーズカメラの解像度は「ソニーα7R IVよりはるかに高い」と教えてくれた

  • 数週間前に発表されたソニーα7R IVの解像度は6100万画素。EOS Rの高画素機の解像度は以前に6000〜7500万画素の間と噂されていた。もし、α7R IVの解像度を上回るのなら、7500万画素になると思う。キヤノンがEOS Rの高画素機を出すことは確実であり、キヤノン幹部も認めている。また、おそらくキヤノンはすでにEOS Rの高画素機のフィールドテストを行なっていることも分かっている。情報提供者によれば、キヤノンはミラーレス市場でリーダー的存在になる準備ができているという

  • 我々は、EOS Rの高画素機は2019年に発表されると予想している。時期はとの情報を得ているが、今のところ裏付けは取れていない。おそらく8月28日の新製品発表では、EOS 90D新型EOS Mと共にEOS Rの高画素機が発表されることはなく、いくつか新しいEF-Mレンズと開発発表済みのRFマウントレンズが発表されるかもしれない

以前にもEOS Rの高画素機は7000万画素以上になるとの噂が流れましたが、改めて少なくとも6100万画素以上であるとの情報(噂)を得たようですね。2019年には天体撮影用のEOS Rも登場するとの噂も出ていますが、Canon Watchは次に登場するEOS Rシリーズカメラは高画素機と考えているようです。

Canon Rumorsも、Canon Watchが上記の記事を掲載した後、同様な記事を掲載し、キヤノンはEOS RS(仮称)のリリースで “フルサイズセンサーにおける最も高画素の座を奪還する” との話を聞いたとのこと。また、Canon Watchは7500万画素かもしれないと伝えていますが、Canon Rumorsは8000万画素以上の可能性もあるとも伝えています。

α7R IVが解像度番長でいられるのは、そう長くないのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Watch

Dylan