MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

オリンパスとパナソニックに関する最近の噂まとめ

  • カテゴリー:
  • NEWS

43Rumorsが、オリンパスとパナソニックのマイクロフォーサーズ製品に関する最近の噂をまとめて掲載しています。

オリンパス

OM-D E-M5 Mark III

  • 夏の終わり頃に発表(信憑性は90%)
  • 新しい画像処理エンジンを搭載(信憑性は90%)
  • E-M1 Mark IIと同じ121点オールクロス像面位相差を採用したセンサーを搭載(信憑性は60%)
  • 軽量・プラスチッキー・防塵防滴ボディー(信憑性は60%)
  • PEN・OM-D E-M10と同じバッテリーBLS-50を採用(信憑性は60%)

PEN-F

  • PEN-Fラインは終了した

特許

  • オリンパスの特許に2層センサーが示されている
  • オリンパスの特許に10mm・12mm・14mm・16mm F1.4の設計が示されている

パナソニック

  • パナソニックは完璧なAFシステムのためにToFマイクロフォーサーズセンサーを開発中(信憑性はFT5)
  • 8K動画撮影対応カメラは2022年に登場する(日刊工業新聞が掲載)

パナソニックとオリンパスは、夏の終わりから秋にかけて多くのマイクロフォーサーズ製品を発表すると噂されているので、リストアップされているOM-D E-M5 Mark III以外にも近いうちに新製品が発表される可能性はありそうです。

パナソニックは現在、ToF技術を使用したセンサーを開発しているそうで、今後GHシリーズに搭載される可能性があるようですが、GH6に搭載された場合、GH5やGH5Sと比較してどれくらいAF性能が向上するのか気になりますね。

ちなみに、ToF(Time of Flight)とは、光を発光し、発光した光が対象物で反射して戻ってくるまでの時間を計測し、その時間を距離に換算する測定方式だそうで、最近ではスマートフォンのセンサーに採用されたり、2020年に登場予定のiPhoneにも採用されるとの噂も出ています。

関連記事

おすすめ記事

Source:43Rumors

Dylan