MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムが「XF16-80mmF4 R OIS WR」「GF50mmF3.5 R LM WR」を正式発表

  • カテゴリー:
  • NEWS

富士フイルムが、Xシリーズ用の世界最高6.0段手ブレ補正機能と5倍ズームを備えた標準ズームレンズ「XF16-80mmF4 R OIS WR」と、GFXシリーズ用の335gのコンパクトな標準単焦点レンズ「GF50mmF3.5 R LM WR」を正式に発表しました。

XF16-80mmF4 R OIS WRの希望小売価格は10万5,000円(税別)、発売予定日は2019年9月下旬。GF50mmF3.5 R LM WRの希望小売価格は13万8,500円(税別)、発売予定日は2019年9月下旬となっています。

XF16-80mmF4 R OIS WRの主な特長

  • 「XF16-80mmF4 R OIS WR」は、広角16mm-中望遠80mm(35mm判換算:24-122mm相当)の焦点距離全域で開放F値4の明るさを実現した標準ズームレンズ

  • 12群16枚のレンズ構成を採用。非球面レンズ3枚により、球面収差と像面湾曲を効果的に抑制。さらに、手ブレ補正レンズをED非球面レンズにすることで、手ブレ補正による収差の変動を抑え、画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮

  • デジタルカメラ用交換レンズとして世界最高となるCIPA準拠6.0段分の強力な手ブレ補正機能を搭載

  • 質量440g・全長88.9mmのコンパクト設計を採用。「FUJIFILM X-T3」および「FUJIFILM X-T30」と組み合わせても、それぞれ979g、823gと軽量であるため、気軽に持ち歩いて撮影を行うことが可能

  • インナーフォーカス方式を採用。小型軽量なフォーカスレンズを、静粛性と制御性に優れるステッピングモーターで駆動させることで、高速かつ静かなAFを実現

  • 高級感のあるスタイリッシュなデザインを採用。適度なクリック感を持つ絞りリングや、滑らかなトルク感を備えたズームリング・フォーカスリングにより、快適な操作性を発揮

  • 仕様:レンズ構成は12群16枚。絞り羽根は9枚(円型絞り)。最短撮影距離は35cm。フィルタ径はφ72mm。最大径x大きさはφ78.3mmx88.9mm。重さは440g。防塵・防滴・-10℃の耐低温

GF50mmF3.5 R LM WRの主な特長

  • 「GF50mmF3.5 R LM WR」は、「GFレンズ」の10本目のレンズで、開放F値3.5、焦点距離50mm(35mm判換算:40mm相当)を備えたもの

  • 非球面レンズ1枚を含む6群9枚のレンズ構成により、球面収差やディストーションを抑制。圧倒的な解像力と豊かな階調を実現

  • 質量335g、全長48mm、最大径φ84mmのコンパクト設計を採用。「GFX50R」との組合せで世界最軽量1,110gのラージフォーマットミラーレスシステムを実現

  • 小型軽量なフォーカスレンズをリニアモーターにより駆動させるインナーフォーカス方式を採用することで、高速かつ静音で高精度なAFを実現

  • 仕様:レンズ構成は6群9枚。絞り羽根は9枚(円型絞り)。最短撮影距離は55cm。フィルター径はφ62mm。最大径x長さはφ84mmx48mm。重さは335g。防塵・防滴・-10℃の耐低温

おすすめ記事

Source:富士フイルム(1, 2

Dylan