MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーが「α7R IV」を正式発表 6100万画素センサーを搭載しα史上最高の解像性能と階調性を実現

  • カテゴリー:
  • NEWS

ソニーが、有効6100万画素のフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ「α7R IV」を正式に発表しました。市場推定価格は40万円(税別)、発売予定日は2019年9月6日となっています。

α7R IVの主な特徴

  • α7R IVは、新開発の有効約6100万画素CMOSイメージセンサーと、最新の画像処理エンジンBIONZ XおよびフロントエンドLSIの搭載により、高い解像力と豊かな階調性能を実現しながら、最高ISO32000(拡張102400、静止画時)までの高い感度性能を実現

  • カメラ内部の振動が生じないサイレント撮影機能や最高5.5段ボディ内5軸手ブレ補正機能、ピントの山をつかみやすい高精細な約576万ドットUXGA OLED Tru-Finderなど、高い解像性能を最大限に引き出す基本性能を搭載し、プロフェッショナルの撮影を強力にサポート

  • フルサイズ画角での撮影はもちろん、APS-Cモードでの撮影時も約2620万画素の解像度が確保できるため、ズームを生かして野鳥撮影やモータースポーツの撮影などに活用できる

  • ピクセルシフトマルチ撮影では、α7R IIIの4倍となる計16枚の画像の持つ約9億6320万画素分の情報から、約2億4080万画素(19008×12672)の画像生成が可能

  • 有効約6100万画素の膨大なデータ量ながら、AF/AE追従による最高約10コマ/秒の高速連写を実現

  • 567点の像面位相差AFセンサーを高密度に配置し、撮像エリアの約74%をカバー

  • AIを活用したリアルタイムトラッキングは、最新の物体認識アルゴリズムの採用により、色や模様(輝度)、被写体距離(奥行)からなる空間情報をリアルタイムに高速処理し、高精度で被写体を認識し追従し続ける。加えて、AIを用いてリアルタイムに瞳情報を検出し捉え続けるリアルタイム瞳AFは、新たに動画にも対応

  • 4K動画の本体内記録に対応。スーパー35mmフォーマット時は、画素加算のない全画素読み出しにより、4K映像に必要な画素数の約2.4倍の豊富な情報量を活用して4K映像を出力し、解像感が高く臨場感のある映像表現が可能。4Kの記録フォーマットには、業務用映像制作に使用されているXAVCを民生用に拡張したXAVC Sを採用しており、最大100Mbpsの高ビットレートで高画質記録が可能

  • 業務用カメラで採用の高音質な音声伝送を実現するデジタルオーディオインターフェースを追加したMIシューを搭載。MIシューのオーディオインターフェースをデジタル化することで、ノイズの少ない高音質のデジタル音声をカメラにダイレクトに伝送し録音することが可能

  • その他、Wi-Fi 5GHz(802.11ac)に新たに対応。長時間の使用でも負担になりにくい新しいグリップ形状を採用。防塵防滴設計。UHS-II対応のデュアルカードスロット

おすすめ記事

Source:ソニー

Dylan