MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンが「PowerShot G5 X Mark II」と「PowerShot G7 X Mark III」を正式発表

  • カテゴリー:
  • NEWS

キヤノンが、プレミアムコンパクトカメラGシリーズの新製品として「PowerShot G5 X Mark II」と「PowerShot G7 X Mark III」を正式に発表しました。キヤノンオンラインショップでのPowerShot G5 X Mark IIの価格は10万5,000円(税別)、発売予定日は2019年8月上旬。PowerShot G7 X Mark IIIの価格は9万2,500円(税別)、発売予定日は2019年8月上旬となっています。

PowerShot G5 X Mark IIの主な特徴

  • PowerShot G5 X Mark IIは、ポップアップ式のEVFを採用し、携帯性を向上。ポップアップ式のEVFを格納することで、携帯しやすい約110.9mm×約60.9mm×約46.0mmのコンパクトサイズを実現

  • 0.39型・約236万ドットの高精細有機ELパネルを採用したEVFを搭載しており、ファインダーによる快適な撮影が可能

  • 1.0型・有効画素数約2010万画素の積層型CMOSセンサーをキヤノンで初めて採用し、映像エンジンDIGIC 8との組み合わせにより、動画と高速連写の性能が向上

  • キヤノンのコンパクトデジタルカメラで初めてクロップのない4K動画撮影を実現

  • 最大約30コマ ⁄ 秒の高速連写が可能

  • 新設計の大口径で明るい光学5倍ズームレンズ(24-120mm相当 F1.8-F2.8)により、広角から望遠まで幅広い撮影表現ができ、暗いシーンでもブレやノイズを抑えて、高画質に描写することが可能。また、マクロ撮影では、広角側の球面収差を改良し、良好な解像感を得られる

PowerShot G7 X Mark IIIの主な特徴

  • PowerShot G7 X Mark IIIは、ライブ配信サービスや4K動画撮影機能を搭載するなど、手軽に動画を楽しみたいユーザーに対応

  • 1.0型・有効画素数約2010万画素の積層型CMOSセンサーをキヤノンとして初めて採用し、映像エンジンDIGIC 8との組み合わせにより、動画と高速連写の性能が向上

  • キヤノンのコンパクトデジタルカメラで初めてクロップのない4K動画撮影を実現

  • 最大約30コマ⁄秒の高速連写が可能

  • 動画をインターネット上に送信するための配信ユニットを用意しなくても、Wi-Fiに接続することにより、カメラ本体のみでYouTubeでのライブ配信が可能

両機種共にEOS RやEOS Kiss Mなどキヤノンの最新機種に採用されている最新のプロセッサー「DIGIC 8」が搭載され、4K動画(クロップなし)に対応したようですね。特にPowerShot G5 X Mark IIは外観が大きく変わったのが印象的で、PowerShot G5 Xでは一眼レフのように中央にあったEVFはポップアップ式になり、背面モニターはバリアングル式ではなく上下のチルト式に変わっています。

おすすめ記事

Source:キヤノン(1, 2

Dylan