MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムが「GFX100」を正式発表 1億200万画素の中判カメラ

  • カテゴリー:
  • NEWS

富士フイルムが、1億200万画素の中判センサーを搭載したGFXシリーズのフラッグシップモデル「GFX100」を正式に発表しました。富士フイルムオンラインショップでの価格は132万3,000円(税込)、発売予定日は2019年6月下旬となっています。

GFX100の主な特徴

  • GFX100は、世界最高の1億2百万画素のラージフォーマットセンサーなどにより、世界最高峰の写真画質を実現。メージセンサーには像面位相差画素を全面に配置した裏面照射型構造を採用することで、超高画質を実現しつつ、現行機と比べて最大約2倍の高速AFが可能

  • ボディ内5軸・最大5.5段手ブレ補正機構を搭載。センサーシフト式の特長を生かし、上下・左右の角度ブレ(ピッチ・ヨー)のみならず、縦・横平行のシフトブレや回転ブレにも対応

  • 4K画質で毎秒30フレームの滑らかな映像記録が可能な4K/30P動画撮影に対応。約5050万画素分の情報量を用いたオーバーサンプリングによる入力であるため、解像力の高い映像表現が可能。「H.265/HEVC」規格や「F-Log」モード、「HLG」規格に対応しただけでなく、フィルムシミュレーションには「ETERNA」モードも搭載

  • 3.2型・3方向チルト対応の背面液晶モニターに加え、2.05型背面サブモニターを新たに採用。新搭載の1.80型天面サブ液晶モニターでは、ダイヤルデザインを表示する「バーチャルダイヤルモード」が使用可能

  • 世界最高クラスの約576万ドット有機ELパネルと、非球面レンズを含む5枚の光学ガラスを採用した、超高精細な電子ビューファインダー(EVF)を新開発。ファインダー倍率0.86倍・視野率約100%も実現

  • プロ写真家から要望が多い「16bit RAW」「16bit TIFF」記録に対応し、撮影後のレタッチ耐性を大幅に向上。また、肌のレタッチを自動で行う新機能「スムーススキンエフェクト」を搭載

  • 「GFXシリーズ」専用バッテリー「NP-T125」を2個搭載できるため、背面液晶モニター使用時で約800枚の撮影が可能

ついにGFX100が正式に発表されましたが、1億200万画素のセンサーからどんな絵が撮れるのかサンプル画像やレビューが気になるところですね。価格は最安値でも119万700円(税込)と宝くじが当たらない限り簡単には手が出せそうにない価格となっています。

GFX100と同時にGマウントレンズロードマップも更新されるとの噂もありましたが、今のところは更新されていません。

おすすめ記事

Source:富士フイルム

Dylan