MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーインタビュー「我々は価格ではなくテクノロジーで人を惹きつけたい。動画機には4K60p、10bit 4:2:2以上のスペックを採用する」

  • カテゴリー:
  • NEWS

DPReviewが、CP+ 2019でソニーにインタビューした記事を掲載しています。

  • キヤノンEOS RPのような低価格製品が登場し出したが、フルサイズ市場は今度どのようになると思うか?

    「我々の目標は業界を成長させることなので、競合他社がフルサイズミラーレス市場に参入することは、顧客の選択肢が増えることに繋がるので非常に良いことだと思う。EOS RPは、エントリーレベルのレンズが充実すれば強力な製品になると思うが、現時点ではEOS RPのターゲットが誰なのか分からない。カメラ業界を長期的に考えてみると、幅広い選択肢があることは非常に良いことなので、それについては非常に前向きだ」

  • EOS RPは、エントリーレベルユーザーや初めてレンズ交換式カメラを購入するユーザーにアピールしているが、ソニーはそのようなユーザーをどう引き込むのか?

    「それが、ソニーだけが持っているワンマウント戦略だ。最初の入り口はAPS-Cで、次のステップはフルサイズだ。一種のステップアップの踏み台を作りたいと思っている」

  • ソニーはどのように優位性を維持するのか?

    「ソニーは、顧客が価値を見出すための技術を提供するテクノロジー企業で、価格ではなく技術で人を惹きつけたいと思っている。テクノロジーは顧客を未来へと導く。それが我々が作りたいシナリオの一種だ。これまで、我々の主なターゲットはプロだったが、今年はターゲットを少し広げたα6400を発表した」

  • AIのような技術にはどれくらい取り組んできたのか?

    「始めた時期を明確に言うのは難しいが、技術の種は10年以上前にさかのぼり、ディープラーニングの開発を始めたのは約5年前だ。我々は常に新しい技術を開発している。ソニーはそういう企業だ」

  • ソニーはAPS-Cよりもフルサイズに重点を置いているのか?

    「フルサイズは、我々の技術を提供するための最良のプラットフォームだ。しかし、もちろんこれらの技術をAPS-Cユーザーに下ろしていく必要がある。そのため、我々は両方の顧客グループに焦点を合わせるが、タイミングは異なっており、最初にフルサイズ、次にAPS-Cとなる。ソニーはAPS-C市場を無視していると言われてきたが、その答えはα6400に込められている」

  • ソニーがAPS-C用のGMレンズを出すことはあるのか?

    「あるが、どのようなブランドになるかは分からない。おそらく “GM” という名称にはならないが、間違いなくAPS-C用の高品質レンズの開発は選択肢にある」

  • APS-Cはプロが使えるフォーマットだと思うか?

    「正直に言うと、スチルの場合はフルサイズの方がプロに適しているが、動画となると、APS-Cのサイズはスーパー35に近いのでアマチュアとプロの両方に適している」

  • APS-Cラインナップで、α7Sシリーズような動画向けのカメラを作りたいと思うか?

    「可能性はあると思う。例えば米国市場で見ると、Blackmagic Pocket Cinema Cameraはハイアマだけでなくプロにとっても素晴らしい製品だと思う。このカメラのセンサーサイズはマイクロフォーサーズであり、ソニーのAPS-Cは更に大きい」

  • スチルと動画ユーザーのための完全なハイブリッドカメラを作ることはできると思うか?

    「思わない。多くの人がα7S IIを動画機として使用しているが、α7S IIはもともとスチルユーザー向けに設計したものなので、もし仮に動画ユーザー向けにカメラを作るのなら、設計を修正する必要がある」

  • ビデオグラファーたちはどのようなカメラを望んでいるのか?

    「我々は市場から多くのフィードバックを受け取っている。基本的な要望は4K60p、10bit 4:2:2のようなものであり、現在多くのメーカーが採用しているが、我々は別の方法を考えており、顧客の期待を超えるものを作りたいと思っている。4K60pを採用するのは簡単だが、多くの顧客がそれらのスペックを超えるその他の要望を持っており、我々はその要望を研究/調査している 」

  • ソニーの新しいカメラはHLG動画を撮影することができるが、この技術はスチルカメラにどう影響するのか?

    「JEPGは古いフォーマットで、8bitに制限されている。動画は10bitになり、スチルも10bitになるはずだ。そのため、もちろん我々はスチルを10bitに圧縮する方法を研究している。新しい規格は10bitになるだろう。スマートフォンは高ダイナミックレンジディスプレイを採用しているので、10bitのきっかけはスマートフォンから始まり、テレビは遅くなるが、最終的には全てが10bitになるだろう」

インタビュー記事を読むと、α7S IIIはビデオグラファー向けに再設計して登場しそうですが、どのようなスペックになるのか気になりますね。4K60p10bit 4:2:2を超えるものを考えているようですが、噂されている通りグローバルシャッターが搭載されるのか、またチルト式モニターがバリアングル式モニターになるのかなど色々気になるところです。

APS-C用の高品質レンズは開発の選択肢にあるようなので、いずれ登場しそうですね。

おすすめ記事

Source:DPReview

Dylan