MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーが「RX0 II」を正式発表 可動式液晶モニターや電子手ブレ補正を採用

  • カテゴリー:
  • NEWS

ソニーが、プレミアムコンパクトカメラ「RX0 II」を正式に発表しました。市場推定価格は8万5,000円前後、発売予定日は4月12日となっています。

  • RX0 IIは、小型ボディに、高解像で歪みの少ない広角ZEISS® Tessar T* 24mm F4.0レンズ、メモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS、最新の画像処理エンジンBIONZ Xを搭載。進化した画像処理アルゴリズムにより、解像感と低ノイズを両立させた質感表現を追求し、高画質に撮影することが可能

  • 従来機比約1.8倍の高速処理性能を実現し、顔・瞳の検出速度・精度の向上や液晶モニターの表示タイムラグの最小化など、本機のスピード性能もさらに向上

  • 瞳AFでは、シャッターボタンを半押しすると同時に被写体の瞳を検出することが可能となり、瞳を任意で「オート」「右目」「左目」から設定できるなど、利便性が向上

  • 全画素読み出しにより、4K映像に必要な画素数の約1.7倍の豊富な情報量を活用して4Kの30p動画を出力し、より解像感の高い臨場感のある映像を本体内に記録可能

  • 最高960fps(最大40倍)のスーパースローモーション機能などの撮影機能も搭載

  • 防水・防塵性能を備えた可動式液晶モニターは、上方向180度から下方向90度まで角度を調整可能。マイク端子も搭載

  • 新たに動画撮影時の電子手ブレ補正にも対応。さらに、編集時に電子手ブレ補正による滑らかな映像を生成し、被写体の位置を自動的にフレーミング補正する「Imaging Edge™」の新モバイルアプリケーション「Movie Edit add-on」にも対応

RX0は電子手ブレ補正非対応でVlog向けのカメラではありませんでしたが、RX0 IIは電子手ブレ補正自撮り可能な可動式液晶モニターを採用するなど、作品制作の用途だけでなくGoProのようにビデオブロガーも使えるようなカメラに仕上がっているようですね。

RX0 IIは全画素読み出しによる4K30pの内部記録に対応していますが、専用アプリのMovie Edit add-onを使用し、ジンバル撮影のような滑らかな映像に補正する場合、動画は最大フルHDで書き出され、画角は撮影時より狭くなるようです。

ビデオブロガーをターゲットにしているためか、すでにジェットダイスケさんやカズチャンネルのガズさんが先行レビューをしています。

おすすめ記事

Source:ソニー

Dylan