MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

シグマインタビュー「Xマウント用レンズも作りたいが、フルサイズミラーレス用レンズの開発が最優先」

  • カテゴリー:
  • NEWS

LensTipが、CP+でシグマの山木和人社長にインタビューした記事を掲載しています。

  • 今年のCP+ではシグマからエキサイティングな発表がなかったのはなぜか?

    「もちろん我々は多くのプロジェクトに取り組んでいるが、CP+で新製品を発表するには時期尚早だと判断した。実のところ、フォトキナで発表する計画があったが、フォトキナは中止になってしまった。今年の後半にいくつか新製品を発表する予定だ。」

  • 開発中のLマウントレンズ群は一眼レフ用を流用したものだと思うが、最初の2〜3本は専用設計のレンズを出して、その後既存の一眼レフ用を流用した物を出した方が良いのでは?

    「もちろん我々はショートフランジバックのミラーレスカメラ専用に設計したレンズを出す予定だ。」

  • なぜその計画から始めなかったのか?

    「専用設計のレンズを開発するには時間がかかるからだ。」

  • しかし、(アライアンスの話があってから)約1年半の期間があったのでは?

    「通常、1本のレンズを開発するのに2年という非常に長い時間がかかる。カメラを購入する人は非常に広範囲のレンズを必要としているため、我々は既存の光学系のLマウントレンズを作り、第一にカメラをサポートすることを優先にした。」

  • EマウントやLマウントといったミラーレスカメラ専用設計のレンズはいつ登場するのか?

    「申し訳ないが、それについては答えられない。」

  • 既存のシグマのカメラのユーザーはどうなるのか?今後登場するレンズはSAマウントにも対応するのか?

    「はい。」

  • それはいつまで?

    「まだ決めていないが、一眼レフ用を設計する限りはSAマウント用も設計する予定だ。」

  • シグマのLマウントカメラはいつ登場するのか?

    「来年。」

  • シグマのLマウントカメラにはFoveonセンサーのみが搭載されるのか?それとも他のセンサーも搭載されるのか?

    「当面は、Foveonセンサーだけを搭載したカメラを開発する予定だ。我々の顧客にはFoveonセンサーがベストなセンサーだと思っている。もしFoveon以外に最適なセンサーを見つけたらそれを使用するかもしれないが、今後も我々はFoveonセンサー搭載カメラを開発し続けていく予定だ。たまに他のタイプのセンサーを使用するかもしれないが、今のところそのような計画はない。」

  • フルサイズカメラは計画しているのか?

    「フルサイズを基本として計画しているが、フルサイズ以外も可能だ。APS-Cセンサーをまた使用するかもしれない。」

  • シグマのソニーFEレンズは登場までにかなり時間がかかったと思わないか?

    「ソニーFEシステム用に設計したショートフランジバックモデルは今年リリースする予定だ。」

  • そういう意味ではなく、シグマのソニーFEレンズはα7が登場してから約4年後の登場となった。シグマのソニーFEレンズの発表はかなり遅かったのでは?

    「たしかに遅かったかもしれないが、α7が登場したのは我々が新ラインのArt、Contemporary、Sportsを発表した後だったため、我々は新ラインの開発を優先にする必要があった。その後、我々はシネマレンズに取り組み始めたため、それらに注力しなければならなかった。その後、ミラーレスのレンズに取り組むことができた。」

  • シネマレンズの販売は順調なのか?

    「販売は順調で、プロの間で高い評価を得ている。」

  • シネマレンズは写真市場とは異なり、非常に厳しいビジネスエリアなのでは?

    「写真市場とは全く違う。多くの人にシネマレンズ市場は非常に厳しく、伝統的なARRIやCOOKE、ZEISSがあり、ブランドが非常に重要であるため成功しないだろうと警告された。しかし、驚いたことにアメリカやフランス、イギリスで上手くいっている。」

  • 最近のキヤノンやニコン、ソニー、パナソニックは、写真ビジネスの将来はフルサイズミラーレスであることを証明している。この事実は、シグマのレンズ設計や新製品の計画に何か影響はあるのか?

    「写真ビジネスの将来はミラーレスであることには同意する。我々は今以上にフルサイズミラーレスレンズの開発に取り組んでいく予定で、これが我々の最優先事項だ。優先順序としては次がAPS-Cミラーレス用レンズ、その次がフルサイズ一眼レフ用レンズとなる。」

  • 富士フイルムXマウント用レンズには参入しないのか?

    「本当に参入したいと思っているが、我々のリソースは限られており、優先順位がある。本当にXマウント用レンズを作れたらと思うが、現在進行中のプロジェクトが多すぎるため、そのような計画は今のところない。」

  • 曲面型センサーに関する話が増えているが、それらについてはどう思っているのか?

    「技術的にコンパクトカメラ用としては良い考えだと思うが、各センサーごとに完全に適合したレンズを作る必要が出てくるため、レンズ交換式カメラではうまく行かないと思う。」

  • シグマがラインナップしている150-600mm Sportsと150-600mm Contemporaryそれから60-600mm Sportsは焦点距離やF値にほとんど違いがないが、これらのレンズは最初から計画していたのか?

    「はい。それらのレンズは、以前ラインナップしていた150-500mm、135-400mm、50-500mmの新バージョンであり、我々は600mmの焦点距離を導入してアップグレードしたいと思っていたので、60-600mmは計画の一部だった。」

  • シグマは500mm Sportsをラインナップしているが、近い将来に300mm、400mm、または600mmといったレンズは期待できるのか?

    「そのようなレンズを開発したいと思うが、優先順位の問題がある。我々は本当にたくさんのプロジェクトを開始したため、それらを完成させなければならない。そのため、おそらく将来それについて考えるが、近い将来ではないだろう。」

  • 単焦点のArtラインはシャープで最高なレンズだが、大きくて重いため旅行では少し面倒になる。小型軽量のContemporaryラインのフルサイズミラーレス用レンズを出す計画はあるのか?

    「第一に、最高品質のレンズを製造をすることが私の情熱なので、そのような製造は今後も続けていく。しかし、Artレンズ群を発表した後、多くの企業が我々の方向性に従い、大きくて重い超高品質のレンズを発表した。我々は他社と差別化したいので、将来的には現在のトレンドに反するユニークなレンズを出すかもしれない。おそらく、小型軽量のContemporaryラインに属するレンズを作るだろう。」

シグマにXマウント用レンズの開発を望む人は多いですが、優先順位はフルサイズミラーレス用レンズの開発が最も高いそうなので、登場するとしてもまだまだ先になりそうですね。

ミラーレス専用設計のレンズのはっきりとした登場時期は答えてくれませんでしたが、年内には確実に登場するようです。まだ先になりそうですが、フルサイズミラーレス用のContemporaryラインにも期待したいですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:LensTip

Dylan