MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

タムロンがRF / Zマウントレンズの開発を検討中

  • カテゴリー:
  • NEWS

Mirrorless Rumorsが、カメラやレンズに関する動画をYouTubeに投稿しているValueTechTVが、CP+ 2019で得たいくつかの情報を紹介していると伝えています。

  • ValueTechTVが、CP+で得た情報を動画で紹介している

  • 1. ドイツソニーは、今年にいくらかのマーケットシェアを失うと予想している

  • 2. サードパーティーメーカーは、キヤノンRF / ニコンZ / ライカLの大型マウントはソニーEに比べて設計上若干有利であることを認めた(特に周辺光量落ちに関して)。全てのメーカーはソニーEでも超大口径レンズを作れることを認めているが、コストやサイズの面から開発されないのは明らかだ

  • 3. タムロンはネイティブのRFマウントレンズとZマウントレンズの開発を検討している。単に現行のFEレンズのマウントを交換したものになるのかどうかは分からない

  • 4. タムロンは、ソニーAマウント用のレンズはこれ以上開発しないと述べた

  • 5. ニコンは、Z7よりも上位のモデルが登場する可能性は高いと述べた

タムロンは「28-75mm F/2.8 Di III RXD」を発表した時、このレンズはキヤノンとニコンが今後フルサイズミラーレスカメラを発売しても簡単にEマウントからマウントを変更できるとインタビューで答えていたので、「28-75mm F/2.8 Di III RXD」と2月に開発発表した「17-28mm F/2.8 Di III RXD」を今後キヤノンRFとニコンZにも対応させるのかもしれませんね。

ニコンZ7よりも上位のモデルは高速連写機になると思いますが、それよりも先にZ6の下位モデルが登場しそうです。

おすすめ記事

Source:ValueTechTV via Mirrorless Rumors

Dylan