MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーが裏面照射型のグローバルシャッター機能搭載積層型CMOSセンサー技術を開発

  • カテゴリー:
  • NEWS

ソニーが、独自の裏面照射型画素構造のグローバルシャッター機能を搭載した積層型CMOSイメージセンサー技術の開発に成功したと発表しています。

  • ソニーは、産業の高度化、工場のスマート化・自動化の流れを受け、より高精度で高速な処理が求められる製造・検査・物流などの産業機器向けに、歪みの無い高い撮像性能と小型化の両立を実現する独自の裏面照射型画素構造のグローバルシャッター機能を搭載した積層型CMOSイメージセンサー技術 “Pregius S(プレジウス エス)” の開発に成功した

  • 感度特性に優れる裏面照射型で、グローバルシャッター機能を実現する独自の画素構造を開発し、小型化の課題を解決。通常、画素を微細化すると感度や飽和特性は低下するが、今回それを維持しながら、画素サイズを2.74µmに微細化することで、従来の表面照射型CMOSイメージセンサー(1200万画素)に比べて、約1.7倍の高解像度化を実現。また、裏面照射型画素構造が持つ配線レイアウトの高い自由度により、従来比約2.4倍の高速性を実現し、測定や検査工程の時間短縮などの大幅な生産性向上に貢献する

  • 本開発品は、2019年の夏以降にサンプルを出荷予定

従来のグローバルシャッター機能搭載センサーは表面照射型でしたが、ソニーは裏面照射型構造を採用したグローバルシャッター機能搭載センサーの開発に成功したようです。

この新しいセンサーは産業用なのでデジカメに採用されることはないでしょうが、この技術を応用して民生用も登場することに期待したいですね。グローバルシャッターと言えば、今年の夏か秋頃に発表されると噂のα7S IIIにグローバルシャッター機能搭載センサーが搭載されるのでは?と推測されています。

おすすめ記事

Source:ソニー

Dylan