MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ライカがフルサイズコンパクトカメラ「ライカQ2」を正式発表 「ライカMモノクローム Kyoto」も発売

  • カテゴリー:
  • NEWS

ライカが、フルサイズセンサーを搭載したコンパクトカメラ「ライカQ2」を正式に発表しました。希望小売価格は65万円(税別)、発売予定日は2019年3月となっています。

  • ライカQ2の撮像素子には、有効4730万画素の35mmフルサイズセンサーを採用。細部まで鮮明な静止画や4K動画を撮影できるほか、最高ISO感度50000までの高感度撮影も可能

  • 新たに75mmレンズ相当の画角を選択できる機能を追加。最大記録画素数で撮影できる28mmの焦点距離に加えて、ボタン操作一つで35mm、50mm、75mmの焦点距離の撮影範囲を示すブライトフレームを液晶モニター上にデジタル表示することが可能。絞りはF1.7~F16

  • 同クラスのカメラでは唯一、ほこりや水滴の侵入を防ぐ保護シーリングを採用

  • レンズの鏡筒には、回転させるだけでマクロモードに切り換えられるダイヤルを備えており、最短撮影距離17cmのマクロ撮影も可能。MFとAFをスムーズに切り換えられるフォーカスリングも採用

  • 新開発の高精細368万ドットの有機EL電子ビューファインダーを搭載

  • オートフォーカスでは、同クラス最速レベルの0.15秒未満でのシャープなピント合わせを実現

  • 最大記録画素数4730万画素で10コマ/秒という圧倒的な高速連写性能を実現

  • 動画撮影機能では、4K動画(3840×2160、30fps/24fps)のほか、一般的なフルHD動画(120fps/60fps/30fps/24fps)も撮影可能

  • Bluetoothに対応。アプリ「ライカFOTOS」にも対応しており、Wi-Fi機能と組み合わせることで、撮影した静止画や動画をソーシャルメディアにアップロードして素早く簡単にシェアすることや、スマートフォンからカメラの各種の設定を変更してシャッターを切るなどのリモート撮影をすることが可能

ライカQ2のスペックは噂通りで、ライカQから大幅に高画素化された4,730万画素のセンサーが搭載され、75mmクロップ撮影4K動画Bluetoothに対応しています。

ライカはライカQ2の発表と共に、ライカ京都店5周年を記念して、特別限定モデル「ライカMモノクローム Kyoto」を発売することも発表しました。ライカMモノクローム Kyotoは限定10台で、今日(3月9日)からライカ京都店で発売が開始されています。価格は116万6,400円(税込)。

おすすめ記事

Source:ライカ(1, 2

Dylan