MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ケンコー・トキナーが「opera 16-28mm F2.8 FF」を正式発表

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

ケンコー・トキナーが、operaシリーズ第2弾となる大口径超広角ズームレンズ「opera 16-28mm F2.8 FF」を正式に発表しました。対応マウントはキヤノンEF、ニコンF。希望小売価格は11万8,000円(税別)。発売日は3月15日となっています。

主な特徴

  • 高画素フルサイズ映像素子に対応した、高性能大口径超広角ズームレンズ。最新の光学設計により、ワイド端16mmからテレ端28mmまでコンスタントF2.8を実現

  • AT-X 16-28 F2.8 PRO FXに使用していたP-MO非球面レンズを新規に作成し、面精度、コートの改善により、ゴースト・フレアを低減

  • opera専用の外観デザインに変更し、操作性、操作感も向上

  • 静穏性の高いSD-Mを搭載。DCモーターと減速ギアユニットを一体成型に密封状態にすることにより、AF駆動音の静穏性を高めている

  • operaは、フォーカスリングの回転方向をニコン・キヤノンの純正レンズと回転方向に合わせることにより違和感のない操作性を実現

  • レンズ構成は13群15枚。絞り羽根は9枚。最短撮影距離は0.28m。フィルターは装着不可。最大径x長さはφ89.0×136.5mm(Canon)、φ89.0×133.5mm(Nikon)。重さは950g(Canon)、940g(Nikon)

opera 16-28mm F2.8 FFは、同社の同じ焦点距離のズームレンズ「AT-X 16-28 F2.8 PRO FX」と同じレンズ構成を採用していますが、P-MO非球面レンズを新しくし、面精度やコーティングを改善して、ゴースト・フレアを低減させているようです。

おすすめ記事

Source:ケンコー・トキナー

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。