MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンRFレンズは2019年にあと2本発表されるかも?

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

先週キヤノンが6本のRFレンズの開発を発表したばかりですが、Canon Rumorsが、それらのレンズとは別にあと2本のRFレンズが2019年中に発表されるかもしれないと噂しています。情報の信憑性はCR1〜CR3の3段階中(CR2)となっています。

  • キヤノンが2019年中にRFマウントレンズをあと2本発表するかもしれないと聞いているが、これらのレンズは2020年初頭にずれる可能性もある

  • 明らかに、当初の計画ではキヤノンはEOS RPと共に8本のレンズの開発を発表するはずだったが、何らかの理由でその計画は廃止された

  • 2本のレンズがどのようなレンズかは聞いていないが、先日発見されたRFレンズの特許が手掛かりになるかもしれない。この特許にはRF100-400mm F3.5-5.6L IS USMとおそらく非LのRF70-300 F4-5.6 ISの光学設計が示されている

  • 非常に人気な100-400mmズームは次に発表される数本のレンズのうちの1本になると思う

  • 新しく開発発表された6本のRFレンズがいつ発売開始されるのかはまだ分かっていないが、2019年の第2四半期になれば明らかになってくると思う

  • 次のEOS Rシリーズカメラに関する追加情報は得てない

先週開発発表された6本のRFレンズは、高倍率ズームの「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」以外すべてLレンズだったので、年内にあと2本発表されるのなら、EOS RPに合う安価な小型軽量の標準ズームや、開発が噂されているRF50mm F1.8 IS STMに期待したいですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Rumors

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。