MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンが大三元レンズを含む6本のRFレンズを開発発表

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

キヤノンが、2019年中の発売を目指し、新たに6本のRFレンズを開発していることを正式に発表しました。

  • キヤノンは、2019年中の発売を目指し、RFマウントを採用する交換レンズ“RFレンズ”6機種の開発を進めている

  • 現在、開発中の“RFレンズ”は、35mmフルサイズ相当のセンサーサイズに対応する、ズーム全域で開放F値2.8の大口径ズームレンズ3機種(“RF15-35mm F2.8 L IS USM”、“RF24-70mm F2.8 L IS USM”、“RF70-200mm F2.8 L IS USM”)、開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズ2機種(“RF85mm F1.2 L USM”、“RF85mm F1.2 L USM DS”)、幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズ1機種(“RF24-240mm F4-6.3 IS USM”)の計6機種。仕様の詳細や価格は未定

  • “RF85mm F1.2 L USM DS”は、“RF85mm F1.2 L USM”と同様の光学系を備えながら、開発中のキヤノン独自の蒸着技術により、ボケ像のエッジを滑らかにし、柔らかな独特のボケ描写「DS(Defocus Smoothing)効果」を持つ、ポートレート撮影に適したレンズとして開発を進めている

1〜2週間前からEOS RPと共に複数のRFレンズが発表されると噂されていましたが、正確には開発発表で、正式発表は2019年中に行われるようです。

RF85mm F1.2 L USM DSの “DS” は、噂通りキヤノンが新たに商標登録をした “Defocus Smoothing” の略で、ボケ像のエッジを滑らかにし、柔らかな独特のボケ描写を実現する新技術のようです。

キヤノンは今回開発発表した6本のレンズの外観サンプルを、2月28日から開催されるCP+ 2019で参考出展すると伝えています。

関連記事

おすすめ記事

Source:キヤノン

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。