MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックが「S PRO 50mm F1.4」「S PRO 70-200mm F4 OIS」「S 24-105mm F4 MACRO OIS」を正式発表

コメント( 0 )

  • カテゴリー:
  • NEWS

パナソニックが、Lマウントを採用したフルサイズミラーレスカメラS1 / S1Rと共に、3本のLマウントレンズ「LUMIX S PRO 50mm F1.4」「LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.」「LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.」を正式に発表しました。以下はDPReviewからの和訳です。

  • パナソニックが、フルサイズミラーレスカメラS1 / S1Rと共に、LUMIX Sシリーズの3本のレンズを発表した。50mm F1.4はパナソニックのリファレンスレンズで、24-105mm F4 Macro OISはS1 / S1Rのキットレンズになる

  • 50mm F1.4のレンズ構成は2枚の非球面レンズと3枚のEDレンズを採用した11群13枚で、絞り羽根は11枚。パナソニックは非球面レンズのうちの1枚は、これまでで最も大きかった40mmを超えるサイズとなっていると述べている。このレンズはリニアモーターとステッピングモーターの2つのAFモーターが搭載されており、480fps読み出しで駆動するように設計されている。パナソニックは、このレンズは動画撮影でのフォーカスブリージングが最小限におさえられ、滑らかに露出を変更できるように設計されているとも述べている

  • 70-200mm F4 OISの手ブレ補正は、S1 / S1Rのボディ内手ブレ補正と連携して最大6.5段分の効果となる。レンズ構成は、非球面、UHR、UED、EDを含む17群23枚。AFは480fps駆動のリニアモーターを搭載。50mm F1.4同様に、70-200mmは防塵防滴仕様で、フォーカスクラッチ機構も搭載、フォーカスブリージングを抑える設計となっている

  • 24-105mm F4 Macro OISのレンズ構成は、2枚の非球面レンズと2枚のEDレンズを含む13群16枚。AFは480fps駆動のリニアモーターを搭載。最短撮影距離は0.3mで、最大撮影倍率は0.5倍

  • これら3本のレンズは全て防塵防滴仕様で、2本のS PROモデルはAFとMFを素早く切り替えられるフォーカスクラッチ機構を搭載している

  • 発売は3本とも4月上旬。価格は50mm F1.4が2,299ドル、70-200mm F4が1,699ドル、24-105mm F4が1,299ドルとなっている。キットレンズでの24-105mm F4の価格は899ドルとなる

ついにS1 / S1Rと共に3本のLマウントレンズも発表されました。70-200mmはF2.8になるとの噂もありましたが、F4となっています。パナソニックはLマウントレンズのロードマップも発表し、2019年には「24-70mm F2.8」「70-200mm F2.8」「16-35mm F4」を発表予定であることも明らかにしました。

関連記事

おすすめ記事

Source:DPReview

Red

                 

コメントを残す

※名前とコメントは必須です

内容をご確認の上、送信してください。