MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムが「GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR」を正式発表

  • カテゴリー:
  • NEWS

富士フイルムが、GFXシリーズ用交換レンズ初の望遠ズームレンズ「GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR」を正式に発表しました。希望小売価格は27万1,500円(税別)、発売日は2019年2月14日となっています。

  • GF100-200mmF5.6 R LM OIS WRは、スーパーEDレンズ2枚と非球面レンズ1枚を含む13群20枚構成で、色収差や像面湾曲を徹底的に抑制

  • CIPA準拠で5.0段分の手ブレ補正性能を発揮

  • リニアモーターを搭載し、高速かつ静音で高精度なAFを実現。また、電源オフ時や撮影した写真の再生時にはリニアモーターを固定するメカ機構を採用

  • 鏡筒の10か所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用

  • 焦点距離を1.4倍に拡大する高性能テレコンバーター「GF1.4X TC WR」との組み合わせで、140mm-280mm(35mm判換算:111-221mm相当)の焦点距離をカバー

  • 絞り羽根は9枚(円型絞り)。最短撮影距離は0.6m。最大撮影倍率は0.2倍。フィルターサイズはφ67mm。最大径x長さはφ89.5mmx183mm。重さは1,050g

ティーザー画像で示唆されていた通り、今日GF100-200mmF5.6 R LM OIS WRが正式に発表されました。以前に海外の販売店がフライングで軽いインプレッション記事を掲載していましたが、GF100-200mmF5.6は比較的軽いため扱いやすく、手ブレ補正が大いに役立つと評価しています。

同じく2019年の発売が予定されている「GF50mmF3.5 R LM WR」は、5月〜8月に発表されるのでは?と推測されています。

おすすめ記事

Source:富士フイルム

Dylan