MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンが1億画素のEOS Rシリーズカメラを計画中?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Rumorsが、今後キヤノンが発表する可能性があるEOS Rシリーズカメラのスペックに関する情報(噂)を掲載しています。情報の信憑性はCR1〜CR3の3段階中(CR2)となっています。

  • Northlight Imagesを訪れた友人たちが、今後予定されている可能性があるEOS Rシリーズカメラに関する情報を入手した。彼らと直接やり取りをした結果、この情報はある程度妥当性があるように思える

ボディ内手ブレ補正機構

  • まず最初に、これは今後登場予定のEOS Rにボディ内手ブレ補正機構が搭載されるという話だが、別の情報提供者によるものだ

  • 我々は以前に、EOS Rにボディ内手ブレ補正機構が搭載されなかったのは単にリリース日に間に合わなかっただけで、ボディ内手ブレ補正機構を搭載したプロトタイプは存在していたと聞いている。キヤノンが今後リリースするEOS Rにボディ内手ブレ補正機構を搭載すると言って間違いないだろう

1億画素センサー搭載EOS R

  • 2つ目は、1億画素のEOS Rは計画されているのか?についてだが、この可能性は高い。キヤノンは、EOS 5Ds / 5Ds Rの後続機の開発を打ち切り、次の高画素機はEOS Rシステムで登場すると聞いている。しかし、風景やスタジオカメラマンに対処するためにはさらにRFレンズを出す必要があると思うため、このような高画素機が2020年までに登場することはないと思う

以前に、キヤノンが7,500万画素を少し上回るEOS Rを開発しているとの噂が登場しましたが、このカメラとは別に1億画素のEOS Rも計画されているということなんでしょうか。

ボディ内手ブレ補正機構に関しては、キヤノンは以前にインタビューで、「(EOS Rシステムでは)ボディ内手ぶれ補正機構を載せないということではありません。カメラの性格などを判断して選択していきます。」と言っていたので、ボディ内手ブレ補正機構を搭載したEOS Rシリーズカメラは今後確実に登場すると思いますが、次に登場予定のエントリーレベルのEOS Rに搭載されるのか気になるところですね。

キヤノンは8K対応のEOS Rもロードマップ上にあることを明らかにしていて、次はエントリーモデルを発売したいと思っており、ハイエンドモデルはもう少し時間がかかるかもしれないとImaging Resourceのインタビューで答えています。

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Rumors

Dylan