MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムGFX 100は、ジョイスティックを2つ搭載している?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Fuji Rumorsが、富士フイルムGFX 100にはジョイスティックが2つ搭載されていると伝えています。

  • 富士フイルムはフォトキナでGFX 100の背面が見えないようにかなり注意を払っていた。GFX 100の背面が見える画像は未だに公開されていない

  • これまでに集めてきた画像をよく見たところ、背面にジョイスティックが2つ搭載されていることに気が付いた。ニコンD5やキヤノンEOS-1D X Mark IIといった他社の縦位置グリップ一体型カメラにもジョイスティックが2つ搭載されている

これまでに分かっている/噂されているGFX 100の情報

  • 1億画素の裏面照射型センサー ソニー製 IMX461
  • 同じセンサーがすでにPhase Oneに使用されている
  • GFX 50Sより高価。最終的な価格ではないが、ハッセルブラッドX1Dと同程度になる可能性がある
  • 発売は2019年
  • 正式発表は2019年第2四半期
  • 4K 4:2:0 10bit内部記録、4K 4:2:2 10bit HDMI出力
  • クロップなしの4K30p
  • センサー全面に位相差画素を配置
  • 価格は10,000ドル前後(富士フイルムUSのマネージャーは9,995ドルになるだろうと言っていた)
  • X Processor 4
  • ジョイスティックは2つ
  • 耐低温-10℃
  • ピクセルシフトマルチショット
  • ボディ内手ブレ補正機構

たしかに富士フイルムはGFX 100の開発発表の時、背面が見えないように工夫していたように思えますが、ジョイスティック以外にもまだ見せられないものがありそうですね。

上の画像で右側のジョイスティックが縦位置用のもののようです。

関連記事

おすすめ記事

Source:Fuji Rumors

Dylan