MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックがS1 / S1Rの新たなスペックを発表 発売は3月末

  • カテゴリー:
  • NEWS

パナソニックが、S1 / S1Rの発売時期と未発表のスペックの一部をプレスリリースで発表しました。

  • パナソニックは、フォトキナ 2018での発表に続き、CES 2019でLUMIX S フルサイズミラーレスカメラの主要な機能を新たに明らかにする。これらのカメラとレンズは、2019年3月末に発売される

    HDRフォト – HLGフォトモード:HLGフォトモードは、より広いダイナミックレンジで写真が撮影できるようになる機能。露出オーバーまたは露出アンダーになる可能性のある、まぶしい光と暗い影の両方を再現することによって、LUMIX Sは視覚的な記憶にできるだけ近い、豊かで、正確な色表現を実現する

    HLGフォトはHSPファイルとして作成され、ユーザーはHDMIケーブルを介し、最新のパナソニックのHLG対応4Kテレビ、またはHLG対応デバイスでこの色鮮やかな画像を再生することができる

    ハイレゾモード:このモードはボディ内手ブレ補正機構を使用し、センサーを動かしながら連続で8枚の画像を自動で撮影する機能。8枚の画像は、高速で信号を処理する新しいヴィーナスエンジンによって、1枚の画像に合成される。細部は忠実に再現され、美しく、非常にリアルな画像として保存される。このモードは、繊細なディテールで自然の風景や美術品を撮影するのに理想的である

    動いている被写体が含まれていることも考慮して、動体ブレを制御するサブオプションも利用可能であるため、フォトグラファーは通常の撮影と同じようにこのモードを使用することができる

S1 / S1Rは、CESでは正式発表されなかったので、1月の最後の週に開催されると噂の大きなプレスイベントで正式発表される可能性が高そうですね。

今回新たにHLGフォトモードハイレゾモードの搭載が明らかになりましたが、まだフルスペックが明かされていないだけに、正式発表が気になるところです。真偽不明ですが、RAW動画収録可変NDフィルターが搭載されるという噂も登場しています。

ちなみに、ニコンは今日、ATOMOS Ninja Vを使用してRAW動画収録に対応するZ6 / Z7の新ファームウェアを開発中と発表しました

CESに合わせて、パナソニック公式サイトのSシリーズ スペシャルコンテンツの内容も更新され、「デザインの思考」が新たに公開されました。

関連記事

おすすめ記事

Source:パナソニック

Dylan