MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

パナソニックインタビュー「将来的には、Lマウント製品でエントリーレベルユーザーも取り込もうと思っている」

  • カテゴリー:
  • NEWS

DPReviewが、パナソニックS1 / S1Rの正式発表を前にして、パナソニックのイメージングネットワーク事業部の事業部長である山根洋介氏にインタビューした記事を掲載しています。

  • なぜパナソニックはフルサイズに参入することを決定したのか?

    「5年前にフルサイズミラーレスカメラが登場し、それ以来トレンドはフルサイズミラーレスに移ってきている。当時のパナソニックは、技術、サービス、サポートなどの面で準備が整っていなかったが、今は技術的にもフルサイズミラーレスを出す準備が整っているため、フルサイズに参入することを決めた。我々はフルサイズカメラ市場に価値を提供できると信じている。」

  • S1 / S1Rの “S” は、Specialized(特化)のSだと言っていたが、何に特化しているのか?

    「S1 / S1Rはプロフェッショナルに特化している。プロが我々の主なターゲットだが、ハイエンドのアマチュアやマニアもターゲットにしている。」

  • プロを引き付けるための戦略はどのようなものか?

    「画質、作りの品質、操作性、パーフォマンスなどにおいて一切の妥協がないことだ。画質に関しては、新開発の4,700万画素と2,400万画素のフルサイズセンサーと、新しい処理エンジンを搭載し、高品質のレンズもラインナップする。4K60pの動画撮影も可能だ。高速で非常に正確なAFは、高速コントラストAFとDFDテクノロジー(空間認識技術)の組み合わせで実現されている。また、AFにはディープラーニングを用いたAIも含まれている。

    業界で最も高精細で高解像のEVFや、プロ必須のSDとXQDのデュアルカードスロット、3軸チルトモニターも採用し、妥協のない操作性となっている。

    プロのニーズに合わせるため、我々のデザイナーは数多くのシミュレーションを行い、グリップのプロトタイプをいくつも作成した。最適なボタン配置や、直感的なコントロールを実現するためにも同様なことを行った。」

  • S1 / S1Rのサイズが非常に大きいのは技術的な理由があるためか?

    「S1 / S1Rはデュアルカードスロットやボディ内手ブレ補正機構、高品質な動画機能などを搭載しているため、ボディーのサイズは明らかに大きくなってしまう。我々はボディサイズのために機能を妥協することはしたくなかった。ミラーレスカメラは小型であるべきだと考える顧客もいると思うが、我々はプロのツールとしては、このボディサイズは適切だと考えている。このカメラはLUMIXアンバサダーたちと共に作成したが、ほとんどのプロは大きいと感じておらず、適切なサイズだと感じている。」

  • S1 / S1Rが市場で最も耐久性のあるカメラになるというのは意図的にそうしているのか?

    「はい。我々は業界で最高レベルの耐久性を目指している。S1 / S1Rは完全な防塵・防滴設計で、GH5の限界を超える非常に低い気温でも動作する。」

  • 将来的にパナソニックのLマウントラインナップにはエントリーレベル機を加えようと考えているのか?それとも純粋にハイエンドシステムとして考えているのか?

    「1世代目はプロに特化したものとなるが、将来的にはもちろんエントリーレベルユーザーも取り込もうと考えてる。」

  • ライカのLマウントラインナップにはフルサイズだけでなくAPS-Cも含まれているが、パナソニックはAPS-C機に興味はあるのか?

    「ない。サイズが大きく異なっているフルサイズとマイクロフォーサーズがベストなバランスだと考えているため、APS-C機を開発する予定はない。」

  • フルサイズ用のレンズの設計は、マイクロフォーサーズ用のレンズより簡単か?それとももっと難しいのか?

    「もっと難しい。M43の場合、コンパクトさを優先しているが、フルサイズではプロの仕様を満たすため、目標を高くに設定している。S1Rは4,700万画素のセンサーを搭載しているが、将来性があるようにするには、レンズはそれ以上の画素数を解像できるようにしなければならない。そのため、我々はフルサイズ用レンズに非常に高い仕様の目標を設定している。」

  • 将来的にパナソニックのLマウントラインナップには、GH5Sのような動画に特化したカメラも加わると思うか?

    「将来的には、Lマウントラインナップがそのような製品が加わるよう拡大する可能性はある。しかし、S1でも非常に優れた動画性能を持っており、4K60p以上のことは言えないが、それ以上のものが搭載される。我々は、S1もプロのビデオグラファーに使用してもらえると思っている。」

  • S1 / S1Rのセンサーは “新開発” と表記されているが、パナソニック製なのか?

    「それについては公にすることができない。是非とも教えてあげたいのだが、できない。想像するしかない!我々はセンサーの製造経験はあるが、何も教えることができない。たとえ我々がセンサーの製造を外部委託していたとしても、設計は我々の仕様に基づいたものになる。画質はセンサーだけで決まるわけではなく、レンズの設計や処理技術も関わってくる。」

  • パナソニックとライカは、レンズに関してどのように協業しているのか説明してもらえるか?

    「主に、光学技術と製造技術はライカから来ていて、我々はデジタル技術とインターフェース技術を提供している。フルサイズレンズに関しては、自社設計であるが、もちろんライカのDNAが流れている。」

  • パナソニックにとって最大の好機は何だと思うか?

    「2020年の東京オリンピックは、パナソニックの技術を紹介する非常に大きなチャンスになる。我々は動画とスチルの技術を強化するために、東京オリンピックを利用したい。オリンピック後に、現在開発中の新世代の8K動画カメラを出すつもりだ。」

S1 / S1Rはプロ向けということもあり、妥協のない仕様のため価格も50万円前後?と噂されていますが、将来的にはエントリーレベルのユーザーも取り込むことを考えているようなので、S1 / S1Rより安価なフルサイズミラーレスも今後登場しそうですね。また、レンズは4,700万画素以上にも対応できるように設計されているようですが、どのくらいまで対応しているのか気になりますね。ちなみに、キヤノンは7,500万画素を超えるEOS Rシリーズを開発していると噂されています

パナソニックは以前に、2020年の東京オリンピックまでに8K動画撮影に対応した民生機を発売すると話していましたが、今回のインタビューでは “オリンピック後” となっているので2020年の終わり頃か、2021年に登場するのかもしれないですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:DPReview

Dylan