MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンRFレンズは2019年に最大で7本登場する?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Rumorsが、2019年に発表される可能性があるキヤノンRFレンズに関する情報(噂)を掲載しています。情報の信憑性はCR1〜CR3の3段階中(CR2)となっています。

  • キヤノンは、新しいEFレンズは2019年には登場しないだろうと自ら言っており、EOS Rの発表時には、大三元レンズと思われるF2.8ズームレンズシリーズを開発していると言っていた。我々は、少なくとも1本のEF-Mレンズと、いくつかの新しいRFレンズが発表されると予想している

  • 我々は、2019年に最大で7本の新しいRFレンズの発表が期待できると聞いているが、いくつかのレンズは2020年初頭まで出荷が開始されないかもしれない

    2019年の登場が噂されているRFレンズ

    – RF16-35mm F2.8L(または似たようなレンズ)
    – RF24-70mm F2.8L IS(または似たようなレンズ)
    – RF70-200mm F2.8L IS(または似たようなレンズ)
    – RF105mm F1.4L
    – RF85mm F1.8 IS STM
    – RF マクロレンズ
    – RF Lレンズではないキットレンズ

  • 広角単焦点レンズも現在開発中と聞いているが、この情報を教えてくれた情報提供者は、このレンズは2019年のロードマップには入っていないと言っていた。しかし、レンズに関しては、発表時期が変わる可能性は常にある

  • EOS R用のLレンズではないキットレンズも計画されている可能性がある。このレンズは、我々が2019年上半期に発表されると思っているエントリーレベルのEOS Rと共に発表されるだろうと予想している

  • 我々は、キヤノンは今後30〜36ヶ月の間に少なくとも15本の新しいRFレンズの発表を計画していると聞いている

ニコンはすでにZレンズロードマップを公開していて、2019年には6本発表する予定ですが、キヤノンも同じくらいの数のレンズを2019年に発表するようですね。

DOレンズを使用した超望遠単焦点レンズの特許がすでにいくつか登場していますが、上記の7本のリストには入っていないので、製品化されるとしたら発表は2020年初頭頃になりそうですね。

広角単焦点レンズは、RF24mm F1.2L USMが2019年の終わり頃か2020年初頭に発表されると以前に噂されています。

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Rumors

Dylan