MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンから「Light L16」のような複数のレンズを搭載したカメラの特許が登場

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Newsが、キヤノンの焦点距離の異なる複数のレンズを搭載したカメラの特許を紹介しています。

  • キヤノンが、スマートフォンで見られるような、複数のレンズを搭載したカメラの特許(特開2018-200484)を出願した。このカメラの構造は、焦点距離の異なる複数のレンズを搭載するLight社の「Light L16」に似ている。この特許のカメラは、8つのカメラを使用して画像を生成するようだ。この特許には、焦点距離の異なる数多くの光学設計の実施例が掲載されている。キヤノンは、この小さなカメラでズームを実現する方法を考えているようだ

  • 全てのレンズの像高は3.88mmのようなので、センサーサイズは1/2.3インチになるだろう。クロップ倍率は5.6倍となっているため、以下のカッコ内に35mm換算の焦点距離を示した。レンズのサイズは本当に小さく、27mmから17.91mmとなっているが、おそらくスマートフォンには大きすぎるため、小型化されたPowerShotに採用されるのかもしれない

    – 5.2mm F2.88(29mm)
    – 7.5mm F2.88(42mm)
    – 10.50mm F2.88(59mm)
    – 15.00mm F2.88(84mm)
    – 4.4mm F2.88(25mm)
    – 8.1mm F2.88(45mm)

Light社の「Light L16」は焦点距離の異なるレンズが16個搭載され、1回の撮影で複数の画像をつなぎ合わせて5,200万画素の画像を生成し、撮影後にフォーカスの位置や被写界深度を調整できるのを特徴としているスマートフォンのようなコンパクトカメラですが、キヤノンも16個のレンズとはいかないまでも同じような考え方のカメラを製品化しようとしているのかもしれないですね。

特許が出願されたからと言って、製品化されるとは限りませんが、こういうカメラは面白いので製品化されることに期待したいですね。

ちなみに、以下はLight L16の画像と、Light L16で撮影された画像です。

おすすめ記事

Source:Canon News

Dylan