MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

オリンパスがフルサイズ市場への参入を否定 E-M1 Mark IIの新ファームウェアが近々公開される?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Imaging Resourceが、アメリカのオリンパスの新しい営業・マーケティング部長のMurata Aki氏にインタビューした記事を掲載し、オリンパスがフルサイズ市場への参入を強く否定したと伝えています。

パナソニックが今年の9月にフルサイズ市場に参入することを発表して以来、オリンパスも今後フルサイズ市場に参入するのでは?と囁かれていますが、Imaging Resourceが、オリンパスが将来フルサイズ市場に参入するのことはあるのか?と質問したところ、Murata氏は「単に無いですよと言うわけではなく、本当にマジで無い!」と答えたとのこと。

また、Murata氏は、オリンパスの戦略は小型軽量で究極に信頼できるカメラを作ることであると明確に説明し、オリンパスは第2のマウントに研究開発費を回すのではなく、コンパクトで丈夫で高性能なボディを作ることに、全ての開発能力を注ぎ込んでいくと伝えています。

他のインタビューで、オリンパスの映像事業ユニット長の杉本繁実氏が、「オリンパスはフォトグラファーに対して小型軽量のカメラを提供するためマイクロフォーサーズに専念する」と言っていましたが、今回のインタビューでもオリンパスは今後もブレることなくマイクロフォーサーズで小型軽量のカメラを作っていくことが伺えます。

また、最近のフルサイズカメラのボディはかなりコンパクトに作ることはできるものの、レンズはマイクロフォーサーズのものよりもずっと大きくなってしまい、バッグいっぱいにフルサイズレンズを入れた時、マイクロフォーサーズレンズを入れた時よりも大きく重くなってしまうという欠点があるともMurata氏は伝えていて、単に小型軽量のフルサイズ機が作れれば参入するという話でもないようです。

加えて、43Rumorsが、E-M1 Mark IIの新ファームウェアアップデートが近々公開される可能性があると信憑性(FT4)で伝えています。現時点ではファームウェアアップデートがあるという情報を得ただけで、新ファームウェアの詳細は分かっていないとのこと。リーク画像も登場したE-M1Xが来年1月に発表されると噂されていますが、E-M1Xと同時にE-M1 Mark IIの新ファームウェアも公開されるのかもしれないですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:Imaging Resource , 43Rumors

Dylan