MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

オリンパスE-M1XのAFにはAI技術が採用される模様

  • カテゴリー:
  • NEWS

43Rumorsが、オリンパスOM-D E-M1XにはAIを用いたAFが採用されると噂しています。情報の信憑性はFT1〜FT5の5段階中(FT5)となっています。

  • このところAI(人工知能)は、かなり誤った定義で使用されており、誰もがこのAIという言葉をマーケティング目的で使用したいように思える。オリンパスのE-M1Xにも “AIオートフォーカス” なるものが採用されると噂されているが、これが単なるマーケティング目的でないとするならば、本当に画期的な機能になっていなければならない

  • E-M1Xを見たことのある情報提供者が以下のことを教えてくれた

    「AFで出来る事の例:レース中のバイクのヘルメットを認識し追尾することができる。」

  • 違う情報提供者は以前に以下のことを教えてくれた

    「E-M1Xには適応、拡張できるフォーカスポイントが採用されている。(例1)もし、人物を撮影している時に被写体を車に移動した場合、フォーカスポイントの数が自動的に増加する。(例2)バスケットボール選手を撮影した場合、縦一列5点のフォーカスポイントになる。」

これまでに分かっている/噂されている情報

  • 名前:OM-D E-M1X
  • センサー:2,000万画素(グローバルシャッターではない)
  • 連写速度:18コマ/秒
  • 7.5+ EV 手ブレ補正
  • 処理速度はOM-D E-M1 Mark IIの2倍
  • オートフォーカス:適応、拡張できるフォーカスポイント
    (例1)もし、人物を撮影している時に被写体を車に移動した場合、フォーカスポイントの数が自動的に増加する
    (例2)バスケットボール選手を撮影した場合、縦一列5点のフォーカスポイントになる
  • ボディサイズ:144.37 x 146.765 x 75.345mm(縦グリップ一体型)
  • ハイレゾショット:1/60秒で手持ちハイレゾショットが可能(8,000万画素前後)
  • ターゲット:スポーツや野生動物の撮影者
  • バッテリー:E-M1 Mark IIと同じ
  • EVF:大型化されたEVF
  • 発表:2019年1月。同時に、2本の望遠ズーム、1本の広角ズーム、スピードライト、ズイコー双眼鏡も発表される
  • 発売:2019年2月

E-M1Xには、市場に存在するどのカメラにも搭載されていない機能がいくつか搭載されると噂されていますがAIを用いたAFがその1つなのかもしれないですね。

これまで “7.5+ EV” が手ブレ補正のことなのかどうなのか不明でしたが、今回の記事には “手ブレ補正” と書かれているので手ブレ補正効果は7.5段分となりそうです。

おすすめ記事

Source:43Rumors

Dylan