MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーインタビュー「大きいカメラが好みなら、他社の製品を選んだ方がいいかもしれない。」

  • カテゴリー:
  • NEWS

Amateur Photographerが、ソニーのデジタルイメージング本部 第1ビジネスユニット シニアゼネラルマネジャーの田中健二氏にインタビューした記事を掲載しています。

  • ニコンは大口径マウントでより明るいレンズや、より広角のレンズを開発できると言っているが、それに対してどう思うか?

    「レンズ径は問題ではない。正直言って、小さなマウントで作るのは非常に難しいが、FE 400mm F2.8 GM OSSの品質は競合他社よりも優れている。つまり、マウント径はソニーの最先端レンズで問題になることはない。」

  • F1.0のレンズを作ることは可能か?

    「作ることはできるが、市場の需要がない。おそらくF1.2ならいくらか需要があると思うが、F1.0の需要はあるだろうか?技術的にはF1.0のレンズを作ることはできるが、ビジネス的に意味をなさない。」

  • ニコンとキヤノンの初のフルサイズミラーレスカメラをみて何か思ったことはあるか?

    「幸いソニーのレンズ交換式カメラ(ILC)事業は拡大しているが、世界的にILC市場は減少している。市場の減少に歯止めをかけ、増加させるためには、キヤノンとニコン、パナソニックの参入は非常に良いことだ。他社のどのカメラが良いかは分からないし、そんなことはどうでもいい。幸いソニーはフルサイズミラーレス市場に5年前から参入しているため、すでに多くのレンズと非常に洗練されたカメラがある。そのため、現時点では競合他社に比べて、ソニーにはまだ多くのアドバンテージがある。」

  • ニコンとパナソニックが、低画素と高画素の2モデル戦略でソニーの真似をしたのが興味深いが、これはソニーの戦略が非常に成功を納めているためでは?

    「どういうわけかニコンとパナソニックの戦略はソニーのものと似ている。業界を成長させたいなら、私は競合他社が別のアプローチや何か違うことをするのを見てみたい。」

  • 競合他社がフルサイズミラーレス市場に参入したことによって、ソニーの来年の計画に何か影響はあるか?

    「もちろん我々は新型機を計画しているが、正直言って、競合他社を気にしていない。我々は顧客の声を気にしている。多くの顧客がフィードバックをしてくれており、我々はそれに基づいて新製品を開発するつもりだ。」

  • レンズラインナップでソニーが注力する必要があるのはズームレンズ?望遠?単焦点? ソニーの優先事項は?

    「我々はレンズラインナップを拡大しており、フォトキナでは今後12本のEマウントレンズをリリースすることを発表した。これにより顧客にさらなる選択肢を与えることができる。最近、スポーツ写真家向けにFE 400mm F2.8 GM OSSを発表したが、現在このセグメントの別のレンズを計画している。我々のカメラを幅広い顧客にアピールする必要があるため、幅広いニーズに答えるレンズ(F4ズーム、F2.8ズーム、大口径単焦点)を提供する必要がある。」

  • ソニーのカメラは小さいという声があるが、どう思っているのか?

    「顧客には2つのタイプがあり、1つは携帯性を重要視している顧客だ。彼らは小型軽量のカメラを望んでおり、それが我々が開発しているものだ。もう1つは大きなカメラを好む顧客だが、それはソニーの哲学ではないので、他の製品を選んだ方がいいかもしれない。」

ソニーは競合他社の製品よりも、顧客の声を元に新製品開発をしていくようですが、小型軽量など譲れないところは譲らずブレずに進んでいくようですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:Amateur Photographer

Dylan