MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

Lマウントアライアンス インタビュー:シグマはLマウント用APS-Cレンズを計画しているが、パナソニックはフルサイズのみ

  • カテゴリー:
  • NEWS

DPReviewが、Lマウントアライアンスについてライカとパナソニック、シグマにインタビューした記事を掲載しています。すでに、この3社のインタビュー記事は多く出ているので、以下は興味深い部分のみに絞っています。

  • Lマウントアライアンス発表以来、他社から同アライアンスへのアプローチはあったか?

    ライカ「アライアンスを発表してからまだほんの少ししか経っていないので、まだない。」

  • パナソニックにとってLマウントはなぜ最適な選択だったのか?

    パナソニック「現時点でのパナソニックの顧客範囲は、おそらくハイレベルのアマチュアで、プロではない。新しい顧客セグメントのビデオグラファーたちは、動画作成のために我々が導入したものを高く評価したが、我々が手に入れられていない顧客セグメントがまだ存在する。Lマウントは、我々が手に入れられていないトップエンドのセグメントに挑戦するチャンスとなる。現在のマイクロフォーサーズビジネスを支えながら、Lマウントが我々のラインナップを完成させるチャンスを与えてくれることに期待している。」

  • Lマウントは今後の成長にも対応できるのか?

    ライカ「この規格は、機能面では、我々が現時点で予想できる全てをカバーすることができると考えている。このマウントは、フルサイズ用の大きくて大口径のレンズを作るのに十分なスペースを確保すると同時に、魅力的なAPS-Cカメラも作れるようにするためにできる限りコンパクトになるように、非常に徹底的に開発されている。我々はこれがLマウントの大きな利点だと思っている。」

    ライカ「フランジバックの距離はもっと短い方が良いかもしれないが、もし誰かがプロフェッショナルのLマウントビデオカメラを作ろうと思った時、フランジバックの距離に少し余裕があったほうが、ボディ内にフィルターを内蔵することなどができる。そのためフランジバックは20mmで良いのだ。」

  • シグマとパナソニックは、LマウントをAPS-Cマウントとしても見ているか?Lマウント用のAPS-Cレンズの開発は計画しているか?

    シグマ「はい。Lマウント用のAPS-Cレンズを開発する予定はあるが、主な重点はフルサイズに置く。」

    パナソニック「いいえ。我々はフルサイズセンサー用のLマウント製品のみ開発する。」

  • パナソニックLUMIX S1 / S1RはライカSLの仲間のようなカメラだと見ているか?それとも競合機と見ているか?

    ライカ「我々3社は独立した企業であり、競争相手でもある。我々の観点からすると、S1 / S1Rは顧客をLマウントシステムに連れてきてくれると考えている。ライカのレンズを使ってくれるなら、他社のボディでも構わない。」

  • マイクロフォーサーズ市場では、パナソニックとオリンパスの間に徐々に技術的な相違が見受けられたが、Lマウントアライアンスではこのような問題は回避できるのか?

    ライカ「我々はそのような状況を避けるために、規格を定義し、技術の変更や更新に関しては共通の合意を得るために定期的な委員会を開く予定だ。」

    パナソニック「オリンパスとのこれまでの協定は “単なる同居” に近いが、Lマウントアライアンスは “結婚” のようなものであり、おそらくこれが違いだろう。そのため今回の義務はもう少しハイレベルなものとなる。」

シグマはLマウント用のAPS-Cレンズを開発する計画があるようなので、発表のあったフルサイズのFoveonセンサーを搭載したLマウントカメラ以外に、APS-C機も出す可能性があるのかもしれません。

パナソニックはどのインタビューでも “プロ” という言葉を何度も使っていて、S1 / S1Rでプロユーザーを獲得したいという意思がかなり伝わってきますが、気になるのはプロをターゲットにしたS1 / S1Rの価格がいくらになるのか。海外では4,000ドルに近いのでは?と予想されています。

Lマウントアライアンスはまだ発表されたばかりの新しい取り組みなので、今後どうなっていくのか注目ですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:DPReview

Dylan