MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンが7,500万画素を超えるEOS Rを開発中?発表は2019年下半期?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Rumorsが、キヤノンが7,500万画素を超えるセンサーを搭載した高画素機のEOS Rを開発している可能性があると噂しています。情報の信憑性はCR0〜CR3の4段階中(CR2)となっています。

  • 以前に、キヤノンはEOS 5Ds / 5Ds Rの後続機を出さず、代わりに高画素機をEOS Rラインに移すのかもしれないと伝えた

  • 新たに数人が、この件は実際に起こり、7,500万画素を少し上回るEOS Rが現在開発されていると教えてくれた。正確な発表日が決まるのはまだ先だが、このカメラは2019年下半期に登場すると聞いている

  • ある情報提供者は、この高画素機のEOS Rが発表された後、すぐに4〜5本のネイティブのRFマウントレンズが発表されるとも教えてくれた。4〜5本のレンズのうち1本は、“キヤノンのラインナップの中で最高のランドスケープレンズ” になるという

  • 2018年にこれ以上映像機器が発表されることは無いが、2019年の早い時期にPowerShotとデジタル一眼レフカメラが発表され、その少し後にEOS Rシリーズの新型機が発表されるはずだ。ただし、次のEOS Rはエントリーレベルのカメラになると予想されている

このところの噂によるとEOS Rのハイエンド機は高速連写機ではなく高画素機になる可能性が高そうですが、来年5月に開催されるフォトキナ2019で登場するというCanon Watchの噂と、2019年下半期に登場するというCanon Rumorsの噂のどちらが正しいのか気になりますね。

今回のCRの噂が正しければ高画素機のEOS Rの前にエントリーモデルのEOS Rが発表されるようですが、エントリーモデルよりも先にハイエンドモデルの登場を望む声は多いのではないでしょうか。

ちなみに、各社のフルサイズミラーレスの高画素機は、ソニーα7R III 4,240万画素、ニコンZ7 4,575万画素、パナソニックS1R 4,700万画素となっています。

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Rumors

Dylan