MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーが8K60p対応の新型フルサイズセンサーを近々発表する模様

  • カテゴリー:
  • NEWS

Sony Alpha Rumorsが、ソニーが近いうちに2種の新型フルサイズセンサーを発表すると噂しています。情報の信憑性は(SR5)となっています。

  • この情報は、過去に提供してくれた噂が100%正しかった情報提供者によるものだ。彼によると、ソニーは近いうちに以下の2種の新型フルサイズセンサーを発表するそうだ

    センサー1:
    – 6,000万画素
    – 16チャンネル読み出し(これは凄まじく、通常は8のはずだ)
    – 4.6コマ/秒 16bit
    – 12コマ/秒 14bit
    – 8K30p 12bit
    – 8K60p 10bit
    – 4K60p 12bit
    – フルHD300p 10bit

    センサー2:
    – 3,600万画素
    – 10コマ/秒 16bit
    – 60コマ/秒 10bit
    – 像面位相差AF

  • また、彼はこれらのセンサーには以下の機能が搭載されることも教えてくれた

    加重ピクセルビニング:ピクセルビニングで動画撮影をしている時に画質が向上する機能。すでに多くのソニー製センサーに採用されている

    新しいデュアルゲインADCモード:ダイナミックレンジをほぼ2段分改善する機能だが、使用時にセンサーの速度は50%失う。詳細はまだ分かっていないが、すでに富士フイルムX-T3のセンサーに採用されている

    デジタルオーバーラップHDR(DOL-HDR):これはブラケット機能のようなものだが、ほぼ同時に2枚の写真を撮影できる(最短の時間間隔は、たったの1/6000秒)。画素ピッチが3.76μmの新型センサーは全て、この機能を搭載している

これらのセンサーがα7S III今後登場するαシリーズカメラに採用されるのか気になるところですが、SARの推測によれば、残念ながらα7S IIIやハイエンドEマウントカメラに採用されることは無いだろうとのこと。採用されるかが重要なのではなく、これらのセンサーや技術が利用可能になったことが重要だとも伝えています。

ちなみに、これらのセンサーはソニーはもちろんのこと、他社も使用可能になるとのこと。

上記のセンサーがα7S IIIや今後のEマウントカメラに採用されないとしても、同じような技術を採用したセンサーが搭載されることに期待したいですね。

おすすめ記事

Source:Sony Alpha Rumors

Dylan