MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンRFレンズの大三元広角ズームの焦点距離は16mmより広角になる?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Rumorsが、キヤノンから今後登場するF2.8のRF広角ズームレンズの焦点距離は16mmより広角になる可能性があると噂しています。情報の信憑性は(CR2)となっています。

  • キヤノンは、2019年に3本のRFマウントのF2.8ズームレンズが登場すると述べている。これが「RF16-35mm F2.8L」「RF24-70mm F2.8L IS」「RF70-200mm F2.8L IS」と言った大三元レンズになることは明白だろう

  • RFの大三元広角レンズは、16mmより広角になると聞いており、「RF12-35mm F2.8L」と「RF14-35mm F2.8L」の両レンズがテスト用に開発されているようだ

  • 「RF14-21mm F1.4L」の特許が登場済みだが、このようなレンズが2019年に登場することは期待しない方が良い。この特許には「RF16-35mm F2.8L」と「RF12-20mm F2L」も含まれている。したがって、我々は「RF12-35mm F2.8L」が登場すると考えている

ニコンは2019年に14-30mm F4の発表を予定していますが、キヤノンもRFマウントの短いフランジバックを活かして、焦点距離が16mmより短い広角ズームレンズを発表する可能性があるようです。EF16-35mm F2.8L III USMの希望小売価格は29万9,000円(税別)ですが、もしRF12-35mm F2.8Lが登場するとなると価格がどのくらいになるのか気になりますね。

ちなみに以下はNIKKOR Zレンズのロードマップです。

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Rumors

Dylan