MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

オリンパスE-M1Xには「アダプティブAF」が採用される?発売は2月?

  • カテゴリー:
  • NEWS

43Rumorsが、縦グリップ一体型のハイエンドOM-Dカメラ「OM-D E-M1X」の新たな情報(噂)を掲載しています。情報の信憑性は(FT4)となっています。

新たに追加された情報

  • オートフォーカス:適応、拡張できるフォーカスポイント
    (例1)もし、人物を撮影している時に被写体を車に移動した場合、フォーカスポイントの数が自動的に増加する
    (例2)バスケットボール選手を撮影した場合、縦一列5点のフォーカスポイントになる
  • バッテリーはE-M1 Mark IIと同じ
  • EVFは大型化される
  • 発売は2月

これまでに分かっている/噂されている情報

  • 名前:OM-D E-M1X
  • センサー:2,000万画素
  • 7.5+ EV(※おそらく手ブレ補正効果が7.5段分という意味)
  • ボディサイズ:144.37 x 146.765 x 75.345mm(縦グリップ一体型)
  • ハイレゾショット:手持ちハイレゾショットが可能(8,000万画素前後)
  • ターゲット:スポーツや野生動物のフォトグラファーたち
  • 発表:2019年1月

徐々にE-M1Xのスペックが明らかになりつつありますが、「アダプティブAF」なるものも採用されるようです。ソニーはAFにAI(人工知能)の技術を使用しようとしていますが、このオリンパスのアダプティブAFにもAIが使用されるのかもしれないですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:43Rumors

Dylan