MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

キヤノンは2019年上半期のイベントでどんな新製品を発表する?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Canon Rumorsが、2019年上半期のイベントでキヤノンから何が発表されるかを予測したロードマップを掲載しています。来年からフォトキナが毎年5月に開催されることになり、上半期には多くのイベントが開催される予定となっています。

CES 1月8日〜11日 ラスベガス

  • 1月に開催されるCESで、ついにPowerShot G7 X Mark IIの後続機が登場すると考えている。このカメラは、4K撮影時にデュアルピクセルCMOS AFが使用可能になると聞いている。他のPowerShot Gシリーズも登場するかもしれないが、今のところ詳細な情報は乏しい

  • その他、360度カメラといったユニークな製品も登場するかもしれない

  • CESに向けてレンズ交換式カメラが発表されることはないと予想している

CP+ 2月28日〜3月3日 横浜

  • CP+は、ハイエンドコンシューマーやプロシューマーに向けた新製品発表が行われるかなり大きなイベントになる傾向がある

  • 我々はCP+でEOS 80Dの後続機が登場すると予想していて、このカメラは4K動画撮影が可能なAPS-Cデジタル一眼レフになるだろう。EOS 90Dという名前になるのかは確認できていないが、そうなる可能性は高い。APS-Cデジタル一眼レフのラインナップは、2019年に少し構成が変わるという話も聞いている

  • 新型EOS Mも登場すると予想しているが、新しいEF-Mレンズは登場しないだろう

  • CP+に向けて、新型EOS Rと、少なくとも1本のRFレンズが登場する可能性がある

NAB 4月6日〜11日 ラスベガス

  • キヤノンにとってNABは大抵シネマEOSを発表するイベントで、一眼レフやミラーレスの発表はあまり期待できない

  • 我々は、レンズ交換式のXCスタイルカメラがついに登場するのかもしれないと考えている。このカメラはRFマウントになるのかもしれないという意見もあるが、現時点では確認できていない

  • EOS C300 Mark IIIは2019年後半に予定されているようなので、その他のシネマEOSのボディが発表されるとは思っていない

  • EOS C500の後続機に関する情報は何も得ていないが、NABが開催されるまでにはまだ時間があるので、何か情報(噂)が出てくる可能性もある

フォトキナ 5月8日〜11日 ケルン

  • フォトキナは、今後毎年春に開催されることが決まったため、フォトキナ2019は初めて春に開催されるフォトキナとなる。メーカーがこの決定にどのような反応を示すのか、また、このイベントに向けて何かしら新製品を発表しようという試みがあるのかどうかは分かっていない

  • 我々はこのイベントでキヤノンが、新型EOS Rと大三元レンズRF16-35mm F2.8LRF24-70mm F2.8L ISRF70-200mm F2.8L ISを発表すると考えている

あくまでCRがこれまでに得た情報(噂)を基に予測したロードマップなのでこの通りになるとは限りませんが、この通りになれば、来年のCP+ではEOS 80Dの後続機新型EOS R新型EOS Mが見れるかもしれないですね。

CRは新型EOS Rシリーズカメラは、CP+かフォトキナで登場すると考えているようです。CWも新型EOS Rはフォトキナで登場すると聞いているようで、CWによれば、高画素機になる可能性が高いとのこと。

来年はミラーレスだけでなく一眼レフも登場するようですが、EOS 7D Mark IIIに関する信頼性の高い情報は何も得ていないそうです。

関連記事

おすすめ記事

Source:Canon Rumors

Dylan