MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ソニーはプロフェッショナルAPS-C機の他にα6700も用意している?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Sonyaddictが、ソニーα6700のスペックに関する噂を掲載しています。

  • 匿名のメールで、以下のスペックの情報を受け取った。もし以下のスペックが事実なら、α6700は富士フイルムX-T3キラーにはならないが、販売を促進する価格設定になるかもしれない。噂されているボディの大きさは若干(α6500より)大きいので、これまでのα6xxxシリーズのようにオーバーヒートしないことに期待したい

    • 2,600万画素 IMX571センサー(富士フイルムX-T3と同じ)
    • 連写速度12コマ/秒
    • シャッタースピード1/6000-30秒
    • 4K60p
    • 2K180p
    • 10bit内部記録
    • デュアルSDカードスロット
    • 3.5mmマイク端子
    • 改善されたボディ内手ブレ補正
    • 改善されたトラッキング性能
    • クイックチャージ
    • 重さ560g
    • 大きさ124 x 85 x 57mm

複数の噂サイトに同時に送られたスペック情報(噂)のようなので、信頼できる情報なのか分かりませんが、上記のスペックを見る限り、SARが噂しているミニα9のようなプロフェッショナルのAPS-C機とは違うようです。ちなみに、SARはプロフェッショナルのAPS-C機はα6500の後続機ではなく、全く新しいカメラ(α7000)になると噂しています。

上記のスペックが本当なら、α6700はX-T3同様4K60p 10bit内部記録に対応し、動画性能がα6500から大幅に向上するようですが、連写速度はX-T3同様とはならないようです。

α6700とプロフェッショナルAPS-C機(α7000)2機種の噂が登場していますが、どちらとも登場するのか今後の情報に注目ですね。

関連記事

おすすめ記事

Source:Sonyaddict

Dylan