MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

今後ソニーが発表する可能性があるカメラ&レンズは?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Sony Alpha Rumorsが、今後ソニーから発表されることが噂されているカメラおよびレンズをリストアップして掲載しています。

  • α7000:
    ある情報提供者は、このカメラはクリスマス前に発表されるかもしれないと聞いている。しかし、他の情報提供者からの裏付けは取れておらず、まだ認証機関にも新しいカメラは登録されていない。このカメラは、EVFが中央にあり、ミニα9のようなカメラになることが分かっている。スペックは4K60p、560万ドットのEVF、20コマ/秒の連写になる可能性がある。ソニーはプロフェッショナルのAPS-C機を開発する必要があることを公式に認めている

  • α7S III:
    ソニーは、このカメラは2019年に発表する予定と言っている。4K60p、4:2:2 10bit(外部収録)、560万ドットのEVF、新しい積層型センサーが採用されることは確実だろう。ソニーはいくつか “予想外” な機能を搭載するとも言っているが、これらが何になるのかは分かっていない

  • ソニーのFEレンズ:
    – 135mm F1.8がα7000と同時に発表されるか、2019年初頭に発表される可能性がある
    – α7000と共に新しいAPS-C用Eマウントレンズが発表される
    – ソニーは500mmと600mm F5.6のFEレンズの特許を出願しており、どちらか一方が2019年に発表される可能性がある
    – FE200-600mmも計画されている

  • タムロンのFEレンズ:
    100-400mm F5-6.3と70-200mm F2.8が2019年に発表される可能性がある

  • シグマのFEレンズ:
    シグマはミラーレス専用設計の大口径のFEレンズを2019年に発表する

ソニーはDPReviewのインタビューに対して「プロ用のAPS-C機は必要と思っている」と答えていたので、噂されている “ミニα9” のようなプロフェッショナルのAPS-C機は登場すると思いますが、年内なのか来年なのか発表日に関する信憑性の高い情報はまだ出ていません。

サードパーティでは、タムロンから100-400mm F5-6.3が発表されるという噂が数日前に出たばかりですが、70-200mm F2.8のFE版も2019年に登場する可能性があるようです。シグマのFEレンズは今のところ単焦点レンズのみですが、シグマの山木社長は来年から専用設計のズームレンズを出していくと言っています。

関連記事

おすすめ記事

Source:Sony Alpha Rumors

Dylan