MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

オリンパスE-M1Xには、8,000万画素相当の手持ちハイレゾショット機能が搭載される模様

  • カテゴリー:
  • NEWS

43Rumorsが、オリンパスOM-D E-M1Xには8,000万画素相当の手持ちハイレゾショット機能が搭載されると噂しています。また、新たに情報を更新し、今回の噂の裏付けが取れたとも伝えています。

  • オリンパスが1月に発表する予定のOM-D E-M1Xは、手持ちでハイレゾショットが可能な世界で初めてのカメラとなる。この噂は、複数の情報提供者からの裏付けが取れている。この機能の画素数は、まだ裏付けは取れていないが、8,000万画素前後になるはずだと聞いている

  • E-M1Xについて分かっていること

    • 名前はOM-D E-M1X
    • ボディは縦グリップ一体型で144.37 x 146.765 x 75.345mm
    • 手持ちハイレゾショットが可能(8,000万画素前後)
    • スポーツや野生動物のフォトグラファーたちに焦点を合わせている
    • 発表は2019年1月

※以下最新記事

  • E-M1Xの手持ちハイレゾショット機能の情報に関する更新がある

    1)8,000万画素になる確認が取れた
    2)この機能は1/60秒で動作する
    3)人が完全に静止していなくても完璧に動作する

これまでのハイレゾショットは三脚が必要で、E-M1 Mark IIで5,000万画素でしたが、E-M1Xでは手持ちで8,000万画素相当のハイレゾショットが可能なようです。しかも、被写体が完全に静止していなくても大丈夫とのこと。

パナソニックG9 PROのハイレゾモードも8,000万画素相当ですが、これまでのオリンパスのハイレゾショット同様に三脚が必要となっています。

関連記事

おすすめ記事

Source:43Rumors

Dylan