MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

ライカQ2は、センサーが高画素化する以外はほとんど変わらない?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Leica Rumorsが、ライカQ2はセンサーが大幅に高画素化する以外は現行機から何も変わらないと噂しています。

  • レンズ固定式フルサイズカメラ ライカQ2に関する噂を入手した

    • ボディの形状、焦点距離(28mm)、F値(F1.7)は変わらない

    • センサーの画素数は大幅に増加する

    • センサーの画素数の増加によって、75mm相当のクロップ撮影が可能になる

  • ライカQ2は2019年の発表が予想されている

現行ライカQのセンサーの画素数は2,400万画素で、クロップ撮影は35mmと50mmの2種類が利用可能となっていますが、ライカQ2ではセンサーが高画素化され、75mmのクロップ撮影が利用できるようになる可能性があるようです。

ライカQは先日、限定モデルの「ライカQ Khaki」が登場したばかりですが、近々プロフェッショナルモデルの「ライカQ-P」が登場するとも噂されています。

関連記事

おすすめ記事

Source:Leica Rumors

Dylan