MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルムインタビュー「我々は決してフルサイズには参入しない」

  • カテゴリー:
  • NEWS

DPReviewが、フォトキナ2018で富士フイルムの電子映像事業部長 飯田利久氏に対して行ったインタビューを掲載しています。インタビューでは、フォトキナで開発発表された1億画素のGFXや、Instaxに関する質問などがされています。

  • リコーを除く全てのレガシー一眼レフメーカーがフルサイズミラーレスシステムに参入したが、富士フイルムはフルサイズ市場に参入しないのか?

    「絶対に参入しません。幸か不幸か、我々は遺産を持っていない。富士フイルムは、とりわけ優れたAPS-Cと中判システムを持っているので、フルサイズ市場には参入しても意味がないと思っている。もし、我々がフルサイズ市場に参入した場合、カニバリゼーション(共食い)を起こし始めるだろう。我々は、喜んでこのまま完全に独立したシステムを提供してく。」

  • 多くのユーザーがXシステムからGFXシステムに移行しているのか?

    「まだまだ。この二つは全く異なるシステムなので。近い将来、XシリーズのユーザーがさらにGFXにステップアップしてくれることを期待している。」

  • GFX 50Rの開発の背景にある考えを説明してもらえるか?

    「GFX 50Sを投入した直後に、古い中判フィルムカメラを知っている顧客から「レンジファインダースタイルの50Sはいつ登場するのか?」という要望を受け始めた。」

  • GFX 50Rは古いレンジファインダーカメラのようにフィールドカメラとして使用されることを期待しているカメラなのか?

    「はい。全ての操作は片手でできなければならないというのが我々のユーザビリティに対するコンセプトで、ストリートやルポルタージュ、ポートレート撮影により適しているカメラを望んでいた。」

    「近いうちに発売する1億画素センサーを搭載したカメラは、取り外し可能なEVFを採用してGFX 50Sに似ているが、バッテリー容量を増やすためにバッテリーグリップを内蔵している。センサーとボディ内手ブレ補正には多くのパワーが必要になる。」

  • 1億画素のカメラを設計する際に、バッテリー容量以外に何か変更はあったのか?

    「最大の課題はボディ内手ブレ補正だった。センサーは非常に敏感で、わずかな振動でさえ画像に反映してしまうため、ボディ内手ブレ補正が必要であることは分かっていた。」

  • ボディ内手ブレ補正はX-H1のものを適応させているのか?

    「X-H1の経験を利用しているが、センサーサイズが大きくなるほど難しい。」

  • 1億画素カメラのファインダーは、現行のGFX 50Sや50Rより優れているのか?

    「新しいセンサーの読み出し速度は高速なので、GFX 50Sや50Rよりずっと優れているはずだ。センサーとプロセッサー自体が両方ともアップグレードされている。プロセッサーはより一層パワフルになっている。」

  • 富士フイルムは動画機能を搭載するのが遅かったが、今後のカメラの動画戦略は何か?

    「1億画素カメラは、4K30pを採用した初のGFXカメラで、これは最初のステップだ。Xシリーズでは、録画時間を延ばすことや、静止画と動画のためにより使いやすいメニューの開発などを計画している。我々は4K60pなどやる事がたくさんあり、ビデオグラファーをGFXカメラに引き付けたいと思っている。」

  • 将来、GFX用のシネレンズを作ることはあるのか?

    「最初のステップは1億画素で、その後は様子を見る予定だ。もちろん、そのようなレンズを開発することはおそらく技術的には可能で、あとは単に優先順位の問題だ。」

  • ビデオグラファーは一般的に中判フォーマットの使用を考えていないが、どのようにビデオグラファーに1億画素の中判カメラを売り込む計画なのか?

    「1億画素のカメラをフォトキナで発表した日から、ビデオグラファーたちから多くの質問を受け始めている。大型フォーマットは動画撮影のトレンドになりつつある。」

  • 1億画素の4K30pはデータ量が多いが、まだSDメディアで平気なのか?

    「今のところSDメディアとHDMI外部出力で十分だと考えている。」

  • XFやGFレンズを作りたいサードパーティのレンズメーカーを歓迎するのか?

    「これらはまだオープン規格ではないが、もちろん我々の顧客は選択肢を望んでいる。我々は常に顧客のために何がプラスになるかを考えていて、一般的にレンズの選択肢が多いことは、顧客にとってはいいことである。」

  • 今後登場する50mmパンケーキレンズのようなGFマウント用のコンパクトレンズは今後さらに登場するのか?

    「はい。GF用のコンパクトレンズのラインナップは今後拡充していきたいと考えている。」

  • Instaxを伝統的なカメララインナップに取り入れる機会はあると思うか?

    「はい。Instaxはすでにデジタルカメラになりつつある。おそらく我々はレンズ交換式のInstaxを考えるべきだろう。ミラーレスカメラの大きな特徴の1つはレンズが交換可能なことであり、Instaxは我々のチャンスのうちの1つだ。」

  • 今後、ソフトウェアを使うことで高品質なレンズを小さくできると思うか?

    「我々は常に光学品質を最優先にして、ソフトウェア補正は最小限にしている。これが現時点での我々のポリシーであり、変わることはないと思っている。APS-Cフォーマットが重要な理由はこのためだ。我々はレンズを出来るだけ小さくするが、ソフトウェア補正を多く使用することはない。」

  • 高速AF大口径レンズの設計にはどのような課題があるのか?

    「より明るいレンズは、各レンズが重くなることを意味する。そうなるとよりパワフルなフォーカス機構を構築する必要が出てくるわけだが、スペースは限られている。レンズの明るさと、フォーカススピード、重さは常にトレードオフの関係にある。」

  • 富士フイルムが動画専用機を作る可能性はあるのか?

    「可能性はあるが、具体的な計画は何もない。ビデオグラファーのユーザビリティやメニューの要望はスチルフォトグラファーとは異なっているため、それを理解する必要がある。特に静止画撮影ではダイヤル操作がメインになるが、動画の場合だと全く異なる。」

今年のフォトキナではキヤノン、ニコン、パナソニック、シグマの4社がフルサイズミラーレス市場への参入を発表し、富士フイルムは将来的には参入するのか興味がありましたが、きっぱりと “絶対に参入しない” と否定しました。

インタビューでは競合他社のカメラよりスマートフォンを気にしているとも言っていて、どのようなカメラならスマートフォンユーザーを取り込めるかも考えているようです。

関連記事

おすすめ記事

Source:DPReview

Dylan