MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

富士フイルム「GFX 100S」は、ピクセルシフトマルチショットに対応?

  • カテゴリー:
  • NEWS

Fuji Rumorsが、富士フイルム「GFX 100S」は、ピクセルシフトマルチショットに対応している可能性があると噂しています。

  • 信頼できる情報提供者たちによれば、GFX 100Sはピクセルシフトマルチショットに対応しているという

  • この機能は、ボディ内手ブレ補正がセンサーを動かして複数の画像を撮影し、それらを1つに合成して高解像度画像を作成するもので、静物用に用いられる

  • 現行のX-H1にはマルチショット機能が搭載されておらず、これは独特なX-Transセンサーの配列がベイヤーセンサーに比べて複雑なためかもしれない。しかし、将来、富士フイルムはX-Transでもマルチショットを可能にする方法をみつける可能性もある

  • GFX 100Sには新型のベイヤーセンサーが搭載されるため、ピクセルシフトマルチショットの実装が容易になるのかもしれない

1億画素のセンサーを搭載している中判カメラでは、ハッセルブラッドのH6D-400C MSがすでにマルチショット機能に対応していますが、GFX 100Sもマルチショット機能に対応するようです。

H6D-400C MSのマルチショット機能は、色再現性とモアレのないディテールの1億画素の4ショットモードと、4億画素で画像が生成される6ショットモードの2種類がありますが、GFX 100Sも画素数が増えるモードと増えないモードの2種類になるのか気になりますね。

ちなみに、H6D-400C MSの6ショットモードで撮影された画像1枚のデータサイズは、16bit TIFFで2.4GBになるとのこと。

H6D-400C MSの製品ページで、凄まじい解像度を体験することができます。

関連記事

おすすめ記事

Source:Fuji Rumors

Dylan