MANDY

新着記事
ブランド
カテゴリー
タグ

シグマがフルサイズのFoveonセンサーを搭載したLマウントカメラの開発を発表 SAマウントカメラの開発は終了

  • カテゴリー:
  • NEWS

先日、ライカとパナソニックとシグマの3社が同じマウントを共有することで、1つのブランドに縛られなくする戦略的協業「Lマウントアライアンス」を発表しましたが、DPReviewが、シグマがLマウントを採用したフルサイズカメラの開発を発表したと伝えています。

DPReviewによれば、シグマがフルサイズのFoveonセンサーを搭載したLマウントカメラの開発を発表し、シグマの山木和人社長がこのカメラは2019年に登場すると述べたとのこと。

この発表に伴い、シグマは新規のSAマウントカメラの開発を終了し、SAマウントをLマウントに変換するコンバーターを開発中とアナウンスしています。

  • フルサイズミラーレスカメラの開発にあたり、技術検討を重ねた結果、ショートフランジバック、光学設計の自由度など多くの理由により、ライカカメラ社が持つLマウントが最も理想的であるとの結論に至った

  • 今後SIGMAで開発する全てのレンズ交換式カメラでLマウントシステムを採用し、新規のSAマウントカメラの開発は行わない予定

  • 現在発売中、および今後発表される一眼レフ用交換レンズにおいては、当面はSAマウントを継続して開発・製造・販売し、ラインアップも維持していく

  • 現在Lマウントカメラと並行して、SAマウントをLマウントに変換する専用のマウントコンバーターを開発している

シグマもパナソニック同様、2019年にフルサイズのLマウントカメラを発売するようなので、2019年はLマウントカメラやレンズが注目されそうですね。

Lマウントへの移行は、SAマウントユーザーにとっては少し残念な話ですが、当面はSAマウントを継続して開発・製造・販売し、ラインアップも維持していくようですし、SAマウントをLマウントに変換する専用のマウントコンバーターも登場するようなので、SAマウントのレンズは今後も使用することができそうです。

関連記事

おすすめ記事

Source:DPReview, シグマ

Dylan